« 金正日さーん。お元気ですかー。 | トップページ | テレビに出てくる評論家は半数以上がクソだよ。金融バブルの崩壊 »

2008年9月14日 (日)

NHKさーん。地球寒冷化説は無視ですか。

今、地球は温暖化しているのか、寒冷化しているのか。

CO2は温暖化または寒冷化に影響を及ぼすものなのか。

CO2が増えるから温暖化するのか、温暖化するからCO2が増えるのか。

オイラも過去ブログで取り上げた。

ここに来て、今、太陽の黒点がゼロになってしまったようで。

これって今の学説では寒冷化に向かっていることにもなるらしい。

どうしようNHK、どうしようIPCC、どうしようアル・ゴアさん。

どうもワカラナイ地球温暖化と二酸化炭素説:2008年5月 4日 (日)にあるのだが、

また、原因は二酸化炭素ではない。太陽の黒点の増減の関係

1750年以来の地球の平均気温の変化は、黒点など太陽磁気の変動サイクルと、とてもよく似た動きをしており、地球の気温上昇の最大の原因は二酸化炭素の増加によるものではなく、太陽自身の変化によるものである可能性が強い、としている。 また、過去3000年間の平均気温を調べると、現在よりも温度が高かった時期が5回あり、今は300年前に起きた非常に小さな氷河期が終わって、その後の温度上昇期にある、と書いている。よくいわれている「地球は過去最高の温度になっている」というのは間違いだ、と主張しているのである。

太陽黒点が減ると寒冷化、黒点が増えると温暖化。

 太陽は、黒点活動が活発になると、電磁波(太陽風)を多く放出し、電磁波は宇宙線を蹴散らすので、地球にふりそそぐ宇宙線が減る。宇宙線が減ると、雲の発生が抑えられ、晴れの天気が多くなり、地球は温暖化する。逆に太陽黒点が減ると、ふりそそぐ宇宙線の量が増え、雲が増えて太陽光線がさえぎられ、地球は寒冷化する。世界史を見ると、太陽黒点が特に少なかった1650年からの50年間に、地球は小さな氷河期になり、ロンドンやパリで厳しい寒さが記録されている

それで、この太陽の黒点が、今月9月にゼロ状態が続いているそうだ。オイラ知らなかったが、こんなサイトがあるんだね。すごーい。SWC宇宙天気情報センター:黒点

最近10日間の観測値
データ日: 20080914 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点数 F10.7
2008年09月04日 0 66
2008年09月05日 0 65
2008年09月06日 0 66
2008年09月07日 0 67
2008年09月08日 0 67
2008年09月09日 0 67
2008年09月10日 0 67
2008年09月11日 12 67
2008年09月12日 0 66
2008年09月13日 0 66

これ見るとここずーっと太陽の黒点はゼロ(11日は除いて)なんだ。

予測値(黒点、F10.7)

今後12ヶ月の黒点数の予測値
データ日: 20080914 (UT) ©SIDC
年月(UT) 黒点数
2008年09月 02
2008年10月 02
2008年11月 03
2008年12月 03
2009年01月 03
2009年02月 04
2009年03月 04
2009年04月 05
2009年05月 05
2009年06月 06
2009年07月 07
2009年08月 08

これを見ると、先々も黒点の数は少ないことが予想される。→太陽の活動が活発ではなくなる。黒点群がたくさんあるときの画像

太陽の黒点が約100年ぶりにゼロに、地球の気候に大影響か:2008年09月04日 提供:GIGAZINE

この1ヶ月間、なんと太陽の表面上に1つも黒点が観測されていないことが明らかになりました。黒点の数は太陽から発せられる磁気の強さとも関連しており、かなり重要な出来事だそうです。

太陽の黒点のデータは1749年からずっと集められており、前回、同じように黒点が全くなくなったのは1913年の6月であるとのこと。黒点は11年ごとに活動がゆっくりになり、数もゼロに等しいレベルまで落ちていくとのこと。しかし、通常はすばやく活動サイクルが元に戻るため、あまり問題にならないそうです。しかし今年に入ってから最初の7ヶ月はなんと黒点の平均数がわずか3つしかない状態が続き、8月にはついにゼロになったというわけ。

http://sakanoue-clinic.jp/diary/body.html

太陽活動が弱まる→磁場が減少→宇宙線の増加→雲量の増加→地球の寒冷化というメカニズムを、すでに物理学者Henrik Svensmark氏が提唱しています。北海道で115年振りに8月の最低気温記録が更新されたり、富士山の初冠雪が8月9日に見られ、94年振りに最速記録更新されたり、地球の寒冷化の兆候もすでに現れています。多大な犠牲を払ってCO2を削減しようとしている地球温暖化対策は、その前提から崩れるかもしれません。

(ペンタゴンレポートから転載)
過去の地球に起こった寒冷期(14世紀から19世紀半ばの小氷期、8200年前の寒冷期、12700年前に起こり1300年間!続いたYounger Dryas Event)に言及しつつ、2010年までは20世紀後半からの緩慢な温暖化が続き、2010-20年は急激な寒冷化が起こるとはっきり予測しています。そして寒冷化が及ぼす様々な社会的影響、地域ごとの予測が述べられています。

今年はオイラ温暖化というより寒冷化という印象なんだが。今年の夏は北極海の氷は無くなるなんて予想されて大騒ぎだったが、なんと昨年に比べて30%も増えているらしい。

やっぱ      地球温暖化詐欺だったのかな?

Swindleという言葉がある。詐欺という意味だ。米国元副大統領アル・ゴアが火を点けた今の地球温暖化は人為排出のCO2の増加が原因だと。そしてこのままでは、天変地異とんでもない被害を地球人は受けると。いまや仮説が定説になってG8・国連でも、世界中のマスコミが確定前提で大騒ぎをしている。もしこれがSwindle、地球温暖化詐欺だったら、悲劇を通り越して喜劇になってしまう。

まさにThe Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)なのだ。とオイラは思う。

NHKさん、さんざん地球温暖化説と温暖化はCO2犯人説で大騒ぎをしているのだから、こちらの説も検証しておくれ。それでないと法的違反になると思うが。

検証番組を作らないと、受信料を払わないよ。(おどかし)

一粒で二度美味しいオイラのブログ:今日の画像

2008年4月25日、トカゲ座の方向にある「EV Lacertae」という星から巨大な炎(フレア)が吹き上がりましたが、その威力はなんと太陽の何千倍も強力だったとのこと。太陽よりも明るいフレアが地球上で観測されたのはこれが初だそうで。

(クリックで超大きくなります。

228177main_reddwarfflarefull_full

|

« 金正日さーん。お元気ですかー。 | トップページ | テレビに出てくる評論家は半数以上がクソだよ。金融バブルの崩壊 »

コメント

さあ、安いうちに「モンクレーのダウン」仰山こうときましょうか。

投稿: LEE | 2008年9月23日 (火) 13時33分

last week our class held a similar talk on this topic and you show something we have not covered yet, thanks.

- Kris

投稿: mietwagen spanien | 2010年10月23日 (土) 01時26分

ヘンリク・スヴェンマルクの黒点現象⇒寒冷化説は、NHKで報道されました。マウンダー極小木との類似、CERNが本気で取り組んでいることなど。約1時間。これが、寒冷化 黒点 をキーに検索したきっかけです。

投稿: @s33tt | 2011年10月11日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金正日さーん。お元気ですかー。 | トップページ | テレビに出てくる評論家は半数以上がクソだよ。金融バブルの崩壊 »