« 朝日新聞と毎日新聞 | トップページ | 第34回主要国首脳会議が始まったあー。 »

2008年7月 4日 (金)

西の魔女が死んだ

このあいだ、調べ物をするために、ネットサーフィンをしていたら、その調べ物とは全然関係ないサイトに行き止まった。「西の魔女が死んだ」という物語についてだった。またイギリス系の作品かと思ったがよく見ると、日本製。梨木 香歩なしき かほ、1959年- )という女性の著作で、今回映画になって6月公開だそうで。

愚妻(愚かなる夫の妻)との会話で、偶然この物語の名前が出てきて!(ビックリ)してしまった。

オイラの愚妻(愚かなる夫の妻)は、ハーブ趣味の会に十数年入っていて、メンバーのおばさん・おばあさん達とハーブ園芸を研究(?)している。その仲間同士で、この物語に出てくる植物(ハーブ類も多)について興味があり、文庫本をそれぞれ買って話題にしているとのこと。

オイラの家には、東のテラス、南のテラス、西の屋上、南の路地庭、西の路地庭。(言葉で記すと豪邸のように見えるが決してそんなことはない)そしてみかん山の畑。愚妻(愚かなる夫の妻)はハーブの苗をもって、それらを始終駆け巡っている。

やたらにハーブティーにこったり、ハーブ料理にこったり。オイラは日本茶とコーヒーが一番好きだ。

Dscn6854_r        Dscn6855_r 

この物語の中に、群生のラベンダーの上にシーツをのせ放置しておくとラベンダーの香がシーツに染み付いて、気持ちよく眠れるという、イギリスの昔の方法もあるそうで。

なかなかよく出来たストーリーの展開らしい。内容についてはネットで調べてくれ。もう公開されているみたいだ。このごろまったくオイラが感動するような映画が少ない。といってこの種の映画はきっと感動するが、大きなエネルギーを要するね。前に「三丁目の夕日」を新宿の映画館(昔なじみの)で見たが、涙・感動で大変エネルギーを要した。まあ愚妻(愚かなる夫の妻)は娘を連れて見に行く計画をしているかもしれないが。オジイのいい映画があったら、必ず見にいくが。

愚妻(愚かなる夫の妻)は過去HNKスペシャルで紹介された「ターシャ・テューダーおばあさん」に大変興味をもっているらしく、テレビ嫌いなのだがこの関係の番組はじーと見ている。オイラはテレビでこのおばあさんの指示どおりの造園の作業をしている、息子・孫の姿がいたいけに映った。まあいい家族なのだ。

ターシャ・テューダー(Tasha Tudor、1915年8月28日 - 2008年6月18日)はアメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家(ガーデナー)・人形作家である。

私が始めてターシャ・テューダーの事を知ったのは、何年前でしたでしょうか・・・

オイラの見立てだが、この物語はこの「ターシャ・テューダーおばあさん」がかなりヒントになっているような気がする。

オイラの愚妻(愚かなる夫の妻)のハーブの会の友人でかなり前から一人になってしまったおばあさんがいるのだが、80歳を超えてもせっせと趣味でハーブ造園に精を出している。亡き旦那の資産を全て管理しながらなのだが。なんか見ていると、この「ターシャ・テューダーおばあさん」に見えてきたそうだ。

オイラが先に逝ったら、きっと愚妻(愚かなる夫の妻)はこの「ターシャ・テューダーおばあさん」のようになっていくのかもしれないとこのごろ思うようになってきた。対抗して「東の魔女」だったりして。なんか「オズの魔法使い」みたいになって来た。冗談、冗談。

あ!そうそう。そろそろみかん山の雑草刈りをしなくては。

一粒で二度美味しいオイラのブログ:     今日の画像

植物といえば、蝶々。こんなのがいるんだ。綺麗だね。シースルーなんだ。

なんて名前なんだろう。  蝶蒐集家の鳩山邦夫さーん。知ってました?

Glass_wingsouth_amercia_butterflies

|

« 朝日新聞と毎日新聞 | トップページ | 第34回主要国首脳会議が始まったあー。 »

コメント

このおばあさん役のサチ・パーカーって、あのシャーリー・マクレーンの娘だって?本当かい?

シャーリー・マクレーンの主な出演作品

ハリーの災難 The Trouble With Harry (1955)
80日間世界一周 Around the World in Eighty Days (1956)
アパートの鍵貸します The Apartment (1960)
オーシャンと十一人の仲間 Ocean's Eleven (1960)
噂の二人 The Children's Hour (1961)
あなただけ今晩は Irma la Douce (1963)
黄色いロールス・ロイス The Yellow Rolls-Royce (1964)
泥棒貴族 Gambit (1966)
スイート・チャリティ Sweet Charity (1969)
愛と喝采の日々 The Turning Point (1977)
愛と追憶の日々 Terms of Endearment (1983)
マグノリアの花たち Steel Magnolias (1989)
ハリウッドにくちづけ Postcards from the Edge (1990)
不機嫌な赤いバラ Guarding Tess (1994)
セルロイド・クローゼット The Celluloid Closet (1995)
くちづけはタンゴの後で Mrs. Winterbourne (1996)
奥さまは魔女 Bewitched (2005)
イン・ハー・シューズ In Her Shoes (2005)

でさあ。このサチ・パーカーって、

サチ・パーカー(本名:サチコ・パーカー Stephanie Sachiko Parker、1956年9月1日 - )は、アメリカ合衆国出身の女優。母は同じく女優のシャーリー・マクレーン、父は映画製作者のスティーブ・パーカー。

1956年9月1日、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。両親ともに親日家としても知られ、「サチコ」という名前も"blessed child"を意味することから、当時渡米中だった小森和子により命名された。2歳から12歳までを東京で過ごした。学習院初等科に通っていた。

日本映画「西の魔女が死んだ」の主演・おばあちゃん(イギリス人)役に抜擢された。日本語は理解できるが、読めるのは平仮名のみのため、この映画のオファーを受けた際には日本人の友人に原作の小説を読んでもらったという[1]。

だって。以上引用終了いたします。


投稿: 映画つう | 2008年7月 4日 (金) 13時20分

立派な庭やみかん山はいいですね。きっと水や空気と手入れがいいとよく育つのでしょうね。
もしかして昨日朝のBS2のガーデニングで、放送予定に出てきた方でしょうか?てっきりロシア系の方だと思っていました。hiが映らないので楽しみに待つことにします。NHKにはこういう放送をどんどんやってもらいたいです。

投稿: よこはま | 2008年7月 5日 (土) 09時58分

よこはま さん
みかん山の手入れは毎年頭を抱えています。
収穫しても、農協に出荷しないので、毎年余って処分しています。
自分の心身の健康の為だけです。

>もしかして昨日朝のBS2のガーデニングで、放送予定に出てきた方でしょうか?

間違いです。

投稿: オイラ | 2008年7月 5日 (土) 10時43分

7月16日(水)午後8:00~9:50
「喜びは創(つく)りだすもの~ターシャ・テューダー四季の庭」

7月17日(木)午後8:00~9:31
「ターシャからの贈りもの~魔法の時間のつくり方~」

BS Hiでやるみたいですがみることができません。
すごく面白そうなのですが・・・

投稿: よこはま | 2008年7月10日 (木) 08時22分

そのうちNHK総合でも追悼番組としてやるかもしれません。
因みに、オイラはBS関係は契約していないので、一切見ていません。これ以上見るものが多くなることを是としないので。お金ももったいないし。

投稿: オイラ | 2008年7月10日 (木) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日新聞と毎日新聞 | トップページ | 第34回主要国首脳会議が始まったあー。 »