« 毒入り餃子は中国反乱分子の戦略になる | トップページ | 毒入餃子:探偵ごっこが始まった »

2008年2月 3日 (日)

旧友について考える

オイラは高校時代の同期同窓会の代表幹事を長年やってきた。さすがに還暦近くなるとむしょうに旧友が懐かしくなるものだ。なんといっても会話で名前をその頃と同じように呼び捨てに出来るのが楽しい。日頃と違った異次元にいるようで。eメール上でも呼び捨てでやり取りをしている。eメールの場合勿論最初は**様・**殿で始めるが。仕事上での付き合いでは例外はあるがそうはいかない。特に6年前私の父親が死んだときには、やたら旧友と話がしたくなって連絡をとりまくった。きっと寂しかったのだろう。

しかし世の中そんなにうまくいかないものだ。一通りの昔話が尽きると、さあそこから先に会話が進展しない。お互いの興味がもはや違っているのかもしれない。この年齢になるとはっきり人生の総括が見えてくる。大借金を抱えて金に毎日追われている友人。配偶者と離婚または死別で、変に同情されたくない友人。大成功して忙しくて昔の友となんか付き合う余裕のない友人。永遠の独身に人生を覚悟して家庭の話を極端に嫌う友人(こちらも気を使うが)。一般的標準な人生であるがそこでも競争心が見えて来る友人。なかなか難しい。

オイラにしても、付き合っていて何か益にならなければその旧友との再会後の付き合いは長く続かない。常にこちら側からの負担ばかりだと、とってもやっていられないということについなってしまう。これは当たり前のことだが、口に出すことは憚られる。オイラは現在たまたま海と山に囲まれた、東京から1時間内に住んでいて、たまに旧友が泊りがけで来ることがあるが、いろいろなサービスをしても相手側はそれが当たり前で受け止められて、愚妻(愚なる夫の妻)は、出費ばかりでと機嫌が悪い。そもそも付き合いでの常識は割勘だろうと思う。それが同時か時間差なのかは別にして。奢ったら奢り返す、面倒を見てもらったら、あとでその恩を具体的に何かで返す。(金銭的だけとは限らない)受けるほうが返礼しなくていいのは、いわばその人の子分的存在になることを表すものだろう。子分になる気もなければ、それを受けないデリカシーが必要であろう。

今回訳あってeメールのアドレスを変えたので、その知らせを何十と配布リストを使って一斉にだしたが、「了解」の返信をくれる友人も多くいるし、無返信もかなりある。日常PCを使わない人も結構いるので詳細は分からないが、私と同年代でさえ相手に気を遣う余裕のある人間が少なくなったのが寂しくなった。年賀状の交換はややもすると時間差で間に合わないことで失礼することもあるが、eメールの世界ではそれはなかろうと思うが。

いい人を貫き通すことはオイラには難しいので、旧友でも自分に合った人間を選択することになるという、いわば常識のお話で今日のブログを〆ます。長々私事にお付き合いありがとうございました。

一粒で二度美味しいオイラのブログ:     今日の画像

オイラ達みんな、    仲間ダヨー。 ね!     仲間だよー。

60107h

|

« 毒入り餃子は中国反乱分子の戦略になる | トップページ | 毒入餃子:探偵ごっこが始まった »

コメント

よくぞ云ってくれました。
そうなんですよね。私は地方(リゾート地)で隠居生活をしていて、たまに旧友を招待するのですが、無料の旅館に泊まるような気分でくるのがいるのです。

庭でバーベキューをやったり、一緒に楽しめるよう工夫をこらすのですが、土産(例えば飲む酒とか、牛肉とか)もなし、後日のお礼もなし。寂しいです。(たかられたような気分になってしまう)

商売絡みのご招待ではないのですから。
で、結局呼ばなきゃいいのですが。(若い美人の女の子達なら話は違いますが)

我が家では、なるべく米国のポットラックパーティー形式にすることに変えました。いわゆる持ち寄りパーティーです。
おのおの飲食料材を手分けして持ち寄る方法です。

たしかに、自分達は高い交通費を払って来てあげているんだから、という言い分も理解できるようでちょとおかしい。
旅館にいって、宿泊代を払うが、そこまでの交通費を引けと云っているのと、同じように思えます。

まあこの辺は常識の範囲なのですが、その常識のない人も結構多いなということを知りました。
だんだん人を招待するのが面倒くさくなって来ました。
もちろん旧友で常識のある人もたくさんいますが。

投稿: 地方隠居組 | 2008年7月29日 (火) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毒入り餃子は中国反乱分子の戦略になる | トップページ | 毒入餃子:探偵ごっこが始まった »