2018年10月16日 (火)

米国と中国との対立は、中国が両手を挙げない限り相当長く続くだろう。これからどんどん中国に不利な情報が上がってくるだろう。

テレビの番組で知ったのですが、関東周辺では、1年の日照時間で、もっとも短いのが9月で、その次が10月だそうです。これは度々やって来る台風や秋雨前線(曇り日や雨日)で、日照が遮られることが多いので、月平均の日照時間が他の月と比べ短くなるそうです。まぁこれらの影響が、果実作り、野菜作りに影響を及ぼします。

さて、世界は中東動乱が少しづつ収まりかけています。あの過激化組織IS(イスラム国)は2014年ころから跳梁跋扈して、中東地域で残虐なテロ活動を行いました。国と国との戦争ではなく、残虐な犯罪行為をし続けて、それをインターネット上で公表し、目も当てられないほどの残虐な殺戮を何度も見たものです。彼らを裁いてなんてことは出来ないわけで、結論は彼らを皆殺しにするしかないでしょう。そうです、蚊を殺傷するように。それにしても、シリアのアサド大統領は、国のトップとしてかなり責任はあるはずなのですが、医者上がりの素人が政治家になると、こんな顛末が起こるのでしょう。

さて、世界は次のステップに移ろうとしています。習近平の共産党独裁政権にいままで我慢してきた国々、特に一番利害関係の大きかった米国が、トランプになって猛然と反抗体制を整いつつあります。・・・・・・・・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

いよいよ、中国の体制が傾いてきた。トランプは歴代大統領が手を拱いてきた中国懲らしめを加速している。

10月に入り、台風25号(ウチら地域は影響なし)が去ってから、残暑絡みですが、10月らしい気候となりました。7月8月と真夏日、猛暑日が続き、9月になると、大雨が続き、9月のオイラの雨量計では累計544ミリも雨が降りました。今季裏年(果実が成らないか少量)の木や若木に夏秋梢(かしゅうしょう)が例年より多く生い茂り、ここ連日、午後から夕方まで、夏秋梢剪定(夏剪定)に追われています。

裏年の柑橘の木や若木は果実が極端に少ないので、その分の養分が枝の成長の方に行きます。夏の多日照、高温がそれに拍車を掛けます。急速に太枝から直線的に上に伸び(長いもので約2m)また曲がりくねっていて、慣れればひと目でわかります。この枝は成長させても果実を付けませんし(例外あり)、果実をつける梢(こずえ)も出ません。将来曲がりくねった小枝になりますし、果実への日照や通風を遮ります。ですから10月中旬には、枝分かれのヶ所で、ばっさり切断をします。その処理をした枝葉は相当な量になり、乾燥させて半割ドラム缶で焼却します。

また、9月時点で一部の木ではサビダニが大量発生し、サビ色のミカンが全体の40%や、ネーブルにはかいよう病が発生した木もあり、急遽それを退治する薬剤で防除をしました。多分これは今年の気候が原因だと思いますが、隣地の畑主が雑草を伸ばせ放題で長期間そのままでしたので、病害虫が風で流されてきたのかもしれません。

さて、本題です。

中東問題も峠を越し、なんとか収束しつつありますが、といってもイラン問題はこれからどうなるか分かりませんが、トランプはイランに対して兵糧攻め攻撃を仕掛けています。ここに来てクリントンやオバマがきれいな言葉で逃げてきた対中国に対する本格的な武力でない戦争をトランプは本気で仕掛けてきたようです。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018年9月29日 (土)

屋久島に家と柑橘園を持ちたかった男。シンガポールに骨を埋めることに。

またまた大型台風が来るそうです。今度は24号だそうで現在沖縄に停滞しています。明日には四国をかすめて、大阪・関西を直撃して一気に北日本へ直上して消えて行くとの予報。知人のいる大阪は今年何度目なのか、当たり年のようですね。関空は前回のようなことはないと思います。こちら熱海は、小雨・曇りでまったく無風状態です。

それにしても、9月の朝ナマはこれまで以上に酷かったね。録画を再生して観たのだが、田原総一朗は最早、限界老人で喋りながらテーブルはバンバン叩くし、俺は安倍首相に意見を言ってやった。そしたら彼はそれに従ったとか、例の上から目線の自己宣伝。これらがますます酷くなった。誰も彼の番組進行の仕方を注意しないであーだこーだと。オイラ途中で再生をやめ、録画削除した次第。彼完全に認知症悪化だよ。テレ朝よ、いつまで脳を患っている田原を使い回すのか?

さて、9月24日夜に安積野のハマ坊から突然電話があり、彼の昔からの親友、シンガポール在住のフジ坊が「昨夜23日亡くなった」と彼の息子から知らせがあったと。死因は?どうもガンだったらしいとのことでした。オイラも彼とは個人的に付き合っていて、そもそも2011年に仲間とセーリングヨットで伊東港に来た時オイラが出迎えたのが最初の出会いでした。

Dscf8440_r

彼がシンガポール在住とのことで、当時またシンガポールに行きたいなあと思っていたこともあり、これは幸いだと特に親しくなりました。彼は若い頃、九州の南にある屋久島に、友人と一緒に買った土地に、老後の住まいとして家を建て、庭で柑橘栽培でもしながら、余生を送ろうという計画がありました。オイラが建築関係と柑橘栽培の専門家であることを知り、いろいろ学びたいと利害が一致しました。しかしこの土地には問題がありました・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

9月前半のつぶやき、あれこれ。 今の人生十分に満足しています。

あの暑かった夏が、嘘のようになくなってしまいました毎日です。毎夜ガンガン掛けてたエアコンも数日前から、その必要はなくなりました。世界では米国東海岸のノースカロナイヤ州にはハリケーン(フローレンス)が直撃、多大な被害が出ている模様。太平洋も巨大台風22号が今まさにフィリピン北部を襲っています。数百万人が危険にさらされているとの報道です。

9日にこの地域の多賀小学校・多賀中学校の卒業生の同期会(多賀っ子会)が地元旅館で開かれました。オイラ達は団塊の世代で、当時学年で4クラス、1クラス50名でした。ウチの前の道路が通学路になっているので、帰りの小学生の女の子達に聞いたら、今は2クラス、1クラス30名だそうだ。「おじさんの頃はねえ・・・・」と話しをしたら、ニコニコ笑って聞いてくれた。オイラの時代には、隣町に網代小学校、網代中学校というのがあったが、その後少子化で廃校となり、ウチらの学校に吸収合併をされたのだが、それでもこの少なさだ。少し寂しいね。

参加者は、この地域に住んでいるのはもちろんだが、関東地域、御殿場、その他と遥々彼方からの参加で40名近くでした。皆、立派な古希を迎えたジジババでした。オイラは小学までで、中学からは東京新宿区でしたので、どうしても小学時代の仲間に限られましたが。

Cimg0378_r Cimg0381_r

10月21日には、都立青山高校の2年ごとの同期会があります。母校前、神宮野球場の傍のレストランで開催。出欠はがきには出席として出しましたが、1次会2次会含めて、午前11時から午後5時までと長丁場です。3次会もあるとして無事熱海まで帰れるかが心配です。なんたって呑兵衛ですから。

居間と寝室に置いてあるテレビにTVレコーダーをそれぞれ付けてあり、お気に入りの番組は、自動予約設定をしてあり、テレビはそれを観るのが仕事?です。特にこの頃鼻に付くのは、売らんが為のCMで、その数が物凄く増えてきているように思えます。なにかCMの間に番組があるように感じてしまいます。ライブで観る時は・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

2018年の夏の終わりの頃のあれこれ

8月最後の日曜日(26日)に、中2の孫を連れて、東京国立博物館の縄文時代展に行ってきました。一応日本の歴史的には、旧石器時代⇒縄文時代⇒弥生時代となっていますが、この縄文時代というのは、時代考証的にははっきり確定されていないが、

この時期区分を、AMS法で測定して暦年代に補正した年代で示すと、草創期(約1万5,000 - 1万2,000年前)、早期(約1万2,000 - 7,000年前)、前期(約7,000 - 5,500年前)、中期(約5,500 - 4,500年前)、後期(約4,500 - 3,300年前)、晩期(約3,300 - 2,800年前)となる。

二人で熱海駅から新幹線を使って品川駅、そこから上野駅で上野公園内に行きました。孫は目白にある中等部に通っているので、東京は今やベテラン。午前10時ごろ着いたのですが、チケット売り場まで長蛇の列。日差しも強く忍耐で並びました。白人のジジババも多くいて、顔を真っ赤にして忍耐でした。世界4大文明が花開いた時代、日本は縄文時代だったわけで、彼ら、その縄文時代の遺跡を見てやろうと、ネット情報で来ていたのだろう。欧米人はこのような考古学的遺品には興味を示し好きなのだ。欧州に行くと、その国を代表する大博物館が必ずあり、逆にオイラも欧州各国を漫遊する時、必ず行くことにしている。

ここで、縄文時代の遺品(土器等)については、ネットで調べれば無限にあるので、省略するが、改めて驚くのは約1万年という長さと、その遺跡が日本中各地から出て来たことだ。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月24日 (金)

きな臭くなってきた国際情勢、習近平の中国、いよいよ黄昏を迎えるのか?経済は完全に行き詰っているかのようだ。

昨夜、四国の徳島⇒兵庫を通過した台風20号は日本海に抜け、今日はまた真夏日、猛暑日となった一日でした。ここ南熱海では、自家製雨量計では122ミリの雨量でした。まぁ柑橘類の育成にはちょうど良い台風でした。テレビで観たのですが、あの淡路島の風車塔、風速60mにも耐えられるはずだったが、今回の38mで根こそぎぶっ倒れた。素人が見ても、あの基礎構造のお粗末さに気づくはずだ。構造計算と設計の間違い?、施工の間違い?地盤調査の間違い?とにかく、どこの設計事務所、どこの施工会社がやったのか、開示してほしい。認可した役所もだ。

Dl4aauyzs

国際情勢に目を移すと、米国トランプ大統領は、数十年に一度のデカイ台風のようなもので、世界はまさに翻弄されています。そしてその台風の目は、共産党独裁国家である中国に襲い掛かっています。中国は、2001年WTO(世界貿易機構)に加盟して、その好いとこ取りの運営で、2010年にはGDPでは日本を抜き、世界第2位となり、現在は日本の2.5倍のGDPだと云われています。

軍事費を膨大に膨らませ、睨みを効かせ、先進国の知的財産を盗み、国内産業を後押しし、南シナ海に人工島を造り、それを堂々と軍事基地化し、AIIBで一帯一路戦略で、悪徳貸金業のように、どっさり余分に高金利で貸付け、返済できなくなれば、その現場を押さえ植民地化。まぁこれは、嘗ての植民地時代、英国、オランダ、フランス、スペイン、ポルトガル、ドイツ、米国もやったことがある、スキームなのだが。まぁ、いまの時代だから派手に武力で侵略ではなく、インテリヤクザのように、融資焦げ付き担保押さえだ。スリランカ、パキスタンなどなど焦げ付き担保押さえは、どんどん増えて行く。

オバマの8年間、これはなんとかしないと、中国の横暴なやり方に世界は席巻されるとの心配があったのだが、口先番長のオバマは、何も出来なかった。そこにトランプが戦車に乗ってやってきた。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

今回は雨の中のBBQ 戦災孤児の「ともこ」と「れいこ」の話と蜂の巣の子供たちの話

今日は終戦記念日とお盆の末日です。1945年8月15日に天皇陛下の玉音放送がなされ、日本の降伏が公表されたことで、この日を終戦(敗戦)記念日とした。お盆(13日~15日)の末日だったのは単なる偶然だったのか、それともお盆にちょうど重なって二重の亡者の慰霊に都合が良かったのか、まぁ未だに終戦記念日を15日にしたのかが分からない。

① 1945年(昭和20年)8月14日:日本政府が、ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告 した日

② 1945年(昭和20年)8月15日:玉音放送により、日本の降伏が国民に公表された日

③ 1945年(昭和20年)9月2日:日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日

④ 1952年(昭和27年)4月28日:日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)の発効により、国際法上、連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と日本の戦争状態が終結した日

オイラとすれば、③の9月2日 か、④の4月28日が実質的な終戦日だと今も思っている。

12日には、高校時代のポン友、蘇州のイサ坊がお盆休暇で熱海のマンションに来ていて、恒例のウチの柑橘園でBBQをしました。午後2時ごろから6時ごろまで、喰ったり、呑んだりですごしました。途中で盛り上げようと・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018年8月 6日 (月)

また台風13号が上陸しそうです。杉田水脈のLGBTは生産性がない発言に、いつもの連中は火病で炎上しているようで

前記事のように、今夏の日照り続きは7月28日の台風12号襲来以来、また続いています。今台風13号が近づいているという予報もありますが、来ても週末とのこと。さらに日照りが続きそうなので、3日・4日と昨日5日の夕方に今年再度の潅水を施しました。もちろん対象は幼木と若木で、成木は一部のみ。このくらいの日照りで、木が枯れてしまうことなぞありませんが、幼木と若木は、水不足で成長が低下します。今季からこれらには、黒マルチングを施してありますから、各々10L前後の水でも有効に働きます。これで台風13号で大量に雨が降れば、成木にもたっぷり水分補給ができるでしょう。

昨年は8月中旬まで大雨が続き、その後後半は晴天続きで、その結果か9月の初旬に、ネーブルオレンジの約20%が割れを生じてしまいました。調べると、過多に水分を吸い上げ、それが実の方に行き、その後の晴天で膨張して割れを生じたらしい。ネーブルオレンジの木の下にシートでも被して、過多に水分が行かないようにするべきだった。まぁ難しいところだ。

さて本題ですが。

新潮45に投稿した自民党議員の杉田水脈(みお)の寄稿文の中の一部に「LGBTには生産性がない」と記述に対して、いつもの反体制、反安倍の野党やメディアが差別主義だと大騒ぎがまた始まりました。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

熱海ビーチラインの防潮堤は防潮堤ではなかった。台風12号がそれをあばいたかのようだ。

いままであまりなかった、変化球台風12号。当初伊豆半島をめがけて進んできましたが、ゴルフのフックではないが、左傾して名古屋方面に上陸したようです。台風は進行方向の右側地域に、豪雨と強風をもたらします。スライスでない、このようなコースを取る台風は滅多にない。

テレビで何度も報道されていますが、小田原の海岸にあった国道135号線に高波が襲い、救急車・パトカー・乗用車数台が、高波の影響を受けたようです。湯河原の吉浜海水浴場の道路下にあった海の家の全ては、大波にさらわれ全壊したと。

そして、ウチの地域、熱海ではホテルニューアカオ本館からトンネル地下道を歩いて行く別館ダイニングルームに高波が押し寄せ、ちょうど200名が夕食をしている最中に、波が大面積のFIXガラスに襲いかかり、その衝動で割れて、数人が怪我をしたそうだ。ここは大昔釣り堀施設があったところで、そこを利用してダイニングルーム棟を増設したものだ。多分40年前後前に完成したと思う。つまり40数年間で初めての被害だった。ちょうど時刻が大潮の満潮時に当たり、海水位が1年で最高の潮位になり、そこに台風の高波と幾重にも重なった結果だった。

また、湯河原と熱海を結ぶ有料道路、熱海ビーチラインの熱海側では、海側に設けられていた波除けコンクリートが、アチラコチラ寸断され、ゴロゴロと道路に転がっていた。この光景には驚いてしまった。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

いつまで続く2018年灼熱地獄。おっと、2003年のヨーロッパはこんなものではなかった。

ウチの地域(南熱海)も連日が真夏日(30℃以上)です。雨に関しては、7月12日(11日~12日に掛けて10ミリの雨あり)から今日24日まで13日間砂漠のような日照りでした。もちろん夜は熱帯夜です。テレビでは連日、熱中症注意の解説が続いています。さらにこのような時の注意としては、熱中症と夏血栓だそうです。夏血栓というのは初めて耳に入りました。血管の水分が抜けて、血がドロドロになり、血小板が詰まり、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓症を起こす可能性があると。現実に今一般の熱中症以外、これら重症の症状で緊急搬送、そして死亡している人が多いそうだ。オイラの父方祖父はオイラが誕生した翌年の8月1日の朝方、心筋梗塞だか脳梗塞で突然死だったそうだ。そこで気象庁のサイトでこの昭和24年7月1日~7月31日までの気温を調べてみた。大昔からすぐ近くに網代測候所があり、この「網代」でダウンロードをした。過去の気象データ検索 網代

網代 1949年7月の気候を見ると7月31日が27.2℃、30日が32.4℃、29日が31.5℃、28日は大雨で28.8℃と、特に夏血栓が原因でないように思える。総じてその頃の一般的な気温だった。

ウチの柑橘園には、約50本の幼木、若木があり、今回の日照り続きで、「水が欲しいよー」とまるで孫がなき叫んでいるように思えて、夕方いくぶん涼しくなってから、4日ほど掛けて全てに潅水をしました。さらに、今年から幼木、若木には、黒マルチをしてみました。

5月GW中のあれこれ。柑橘苗木のマルチングに初めて挑みます。2018年5月 3日 (木)

Cimg0290_r
これ、今のところ大成功で、この長く続いている水不足でも、今は新葉が元気よく発育しています。潅水は中心の切れ目から呼びノズルで内部に10L前後ほど万遍なく入れ込みます。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

西日本大豪雨で、日本の地形は永遠に治水工事をしなくてならないことが衆知されました。旧民主党特に蓮舫・枝野よ、この件についてどう言い訳をする?

6日の記事作成の頃、瀬戸内海を挟んで中国地方と四国に線状降雨帯が発生していました。ウチの地域は、雨に見舞われることなく土日、町内の祭りで大盛況でした。

さて、2014年8月20日に広島県安佐南・北にやはり線状降水帯が発生して大きな被害をだしました。

大変な被害を出した広島市安佐南・北区の土砂災害。なぜ警戒区域でなかったか?山やガケ地の傍に家のある人は、ネットで自分の自治体のハザードマップを調べた方が良い。2014年8月24日 (日)

20日の深夜から早朝に掛けて、広島市安佐南・北地域に最高1時間当たり101mmという大雨が襲った。その3時間で200mm、24時間の雨量は243mmという観測史上最大の雨量だったと。もちろんそれ以前の少なくても1ヵ月も大雨続きで山の表土は水で満水状態だったのだろう。20日の午前の発表では、それにより大規模な土砂災害が起こり(午前4時頃)、死者7名、行方不明13名だったが、現在判明している死者は40名、行方不明者がどんどん増えて現在47名だそうだ。またこの地域だけで土砂災害は50ヶ所発生とのこと。

今回の「平成30西日本大豪雨」はこんなものではなかった。前回の大被害が限定された地域に限ったのに対して、今回は広範囲に無数の被害が発生した。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

日本列島は線状降雨帯が停滞。オウム死刑執行TBSも共犯だろうが。トランプついに米中貿易戦争に突入か?

関東圏を含むウチの地域(熱海)は6月29日に梅雨明けだとTVでは観測史上初めてだと大騒ぎだったが。ところが台風7号が発生して北上し、それに刺激され日本列島は線状降水帯に見舞われ、数日前から大変な豪雨と降水量に見舞われています。梅雨前線も列島に停滞しているようです。特に四国はここ数日で1000ミリという膨大な雨量を記録しています。各地では被害続出のようです。

旧友ポン太君が四国の南国市に住んで、退職後の楽しみで自分の畑でいろいろ栽培しているとのこと。Facebookのメッセンジャーで安否を訪ねたのですが、まだ返事がありません。ウチの地域はこの間予報では大雨なのですが、実際は大した雨量にはなっていません。現在6日の午後3時で、雨はパッタリ止んでいます。明日と明後日は町内会の祭りが予定されていますが、降水確率が50%前後、さてどうなることやら。

こんな中、速報が入りました。オウム真理教の麻原彰晃とほか6名の死刑が午前に執行された。平成7年5月の逮捕から23年目です。当時からテレビで何度も見ているので、他の6人も名前を聞いただけで顔が目に浮かびます。この件にはあのTBSが大きく関わっていました。これについて、現在参議員で、当時TBSのアナウンサーだった杉尾秀哉が、・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

インターネットに問題発生です。一つはADSLの終了と、もう一つは電話線の故障でした。

今年前半は季節の移り変わりが半月ほど早いと5月末のJAの講習会でその資料とともに説明がありました。柑橘栽培に関する講習会ですが。ミカンの花の咲きが約半月早かったと。これはその間の平均気温が、平年に比べ高かったそうだ。ですから花⇒実も半月早くなるので、施肥も防除もその分早くやってくれとのこと。そう言えば去年の夏は冷夏だったが。

インターネット受信に関してなのですが、ウチの場合2軒の家屋を繋いであり、専用住宅と住宅兼事務所となっていて、それぞれ、居間と事務所にPCを置いてあります。電話もそれぞれ2回線引いてあり、それぞれにプロバイダー契約をしていました。たしか、2008年まで熱海市内にあるプロバイダーとISDNの契約でいたのですが、その後2008年にADSLにしようとプロバイダーをniftyに2回線とも乗り換えました。ISDNは速度が遅いのに対して、ブロードバンドのADSLは速度が大変早い。また、ウチの近所にNTTの基地局(約300m)があるので、その速度は不満のないものです。

そのまま使っていたのですが、2011年にソフトバンクのプロバイダー、ネクシーズが総合計で計算すると今までより多少安く、また4口の無料モデム付きだったこともあり、再度乗り換えました。しかし、メールアドレス(@nifty.com)やブログを、ここを利用していたので、これら利用料金のみ(月486円☓2)を振替ていました。NTTの基本料金+プロバイダー料金+niftyの利用料金という具合です。ところが・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

金豚王朝の最期が近づきつつあるのか?若造王朝がカネを使い果たした顛末なのか?

昨日は午後から柑橘園の倉庫の前で、懸案だった旧チェーンソーの修理をしました。山裾にあるウチの土地約600㎡を父親から生前贈与を受け、開墾するために、1998年にチェーンソーを購入しました。TANAKA ECS3500型というやつで、これで敷地内にある数十本の雑木をなぎ倒しました。まぁその後柑橘の老木が枯れると、このチャーンソーで切り倒し、細かく切り刻みます。あと隣地の栽培をやめてしまって大きくなった雑木もこれで切り倒しています。大昔はノコや斧で切り倒していたのが、このチェーンソーのお陰でわずか10分前後で完了です。まぁ人間は恐ろしい機械を作ったものです。それで、以前のものが重く大きかったので、もう少し小さいのを2012年に購入しました。修理とは大きい方のプライミングポンプが破損して使い物にならなくなり、放おっておいたのですが、なんとか修理しようとこの部品を購入したのですが、昔のものなので同等品がなく、一般品となり、取り付けに工夫が必要となりました。

Cimg0326_r Cimg0322_r

Kkjjhygtエンジン駆動のチェーンソーや草刈り機は、始動のためにキャブレター内に燃料を入れなくてはならず、キャブレターが燃料を吸い込むために、このプライミングポンプが付いていて、このポンプを指で数回押して準備OKとなります。本体のカバーを開けて、キャブの吸い込みノズルとポンプの吸い込みノズルをチューブで繋げました。点火プラグも新しくして試し始動、OKでした。これら、なかなかエンジンがかからない場合は、たいてい点火プラグが汚れていることが原因です。ガソリンに浸けて、汚れを取り、いつでも交換できるようにしておくことが重要です。あとチェーンソー作業の取扱いは、必ず両手で掴んだままで作業をすることです。大変危険な機械であることを忘れてはなりません。

さて本題です。

金豚の英雄気取りには辟易しますね・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

ロシア人は知らない人には無愛想なのはなぜか?オマケ編:新潟県知事選終了

いよいよ日本列島は梅雨に入ったと予報です。8日~9日の真夜中に結構な雨が降りました。オイラのバケツ雨量計の㎡当たりの換算では、55ミリの雨量でした。そしてこれから夜から明後日までかなりの雨量となりそうです。5年生以下の柑橘苗木52本には、今年初めて黒マルチを施してみました。 5月GW中のあれこれ。柑橘苗木のマルチングに初めて挑みます。2018年5月 3日 (木)  雑草避け、大雨避け、地中地温の安定化、地中水分の安定化、肥料の効率化を狙ったものですが。これ、吉と出るか凶と出るか。多分目標通りになると確信しています。大した儲けにしかならない柑橘栽培ですが、自然のなかでの良き運動を兼ね、趣味を兼ね、老後の楽しみとしています。また天候というものがより身近になります。

前記事で、法人を清算して日本年金機構の健康保険を止め、国民健康保険(市)にした場合の支払いシミュレーションをしてみましたが、法人からの役員給料は最低額としているので、法人の県・市の法人税の均等割額を支払ったとしても、今のままの方が、かなり安い結果が出ましたが、そこに落とし穴がありました。個人所得に対す介護保険料の加算がありまして、結局だいたい同金額近くでした。しかし、先々自分の余っている土地を売った場合、当然その売却額が所得参入され、国民健康保険税の支払いだけで、最高額の50数万円近くなる恐れも出てきます。健康保険の場合は、給与額によってのみという算出です。

ちなみに国民健康保険税(市)というのは、医療分保険税+支援分保険税+介護分保険税(40歳~64歳が対象)の合算納付です。

そもそも旧厚生年金に加入したのは、2004年に土地を売却したら、それまで加入していた国民健康保険料が50万円近くになり、びっくりして2006年に法人として旧厚生年金に加入した経緯があります。それまでは法人において無給でした。また国民健康保険税の場合、固定資産税の(25+3)%が加算されるので、土地評価が上がった場合にはその影響を受けるわけです。結論としてあれこれ総合的に考えて、今の法人(有限会社)を存続することにしました。

さて本題です。

ネットで見つけたのですが、ロシア人は、外で見知らぬ人には絶対笑顔を見せないそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

たっぷりハウスメーカーからCMでお世話になっているテレビ界。当然レオパレス問題はスルーなのですね。

5月の後半は、だらだらと4日掛けて自分の有限会社の法人税確定申告作成を済ませ、5月末の提出期限までに提出しました。もちろん損失決算です。ただし、県と市には、計7万1千円の均等割額を納付しました。1996年法人設立登記ですから22年経過しています。それ以前は個人事業者の建築設計事務所でしたが、時はバブル時代で税務署から目をつけられ2回ほど調査が入りました。ある人のアドバイスで法人にした方が、利益を小さく出来るし、よほどのことがなければ、査察も入らないよと。それで小回りの効く有限会社にしたのです。

その頃は今のように、パソコン入力で財務諸表や損益計算書なんて世界ではありませんでした。ですからその作業が煩雑でいやになるくらいでした。一般には税理士に任せるのが普通ですが、持ち前の好奇心と経費がもったいないからでした。

それまで手動で行っていた決算作成作業でしたが、2002年にネットで検索して、SEIHOの「らんらん会計」という廉価なソフトを購入し、適した勘定科目を設定し、財務諸表と損益計算書を作れるようになりました。税務署に提出の法人税申告書もEXCEL申告書をダウンロード(有償)して移転入力で完成です。

我々の業界も今や当時とは一変し、また現役の頃の体力も無くなり、そろそろ店仕舞を考えています。もう欲に絡んだ勝負をするには、危険だし、そのような必要性も無くなりました。不動産収入も合わせて、個人事業者に戻ろうとその作業を開始しようと思っています。法人を解散・清算するソフト(キッド)の購入を考えています。

さて本題です。

土地持ち素人に、アパート経営をという、いわゆるサブリース付きハウスメーカーの失態が明らかになったようです。・・・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

テレビメディアは多チャンネル化を目指すべき。CMの量が多すぎで何のためにテレビを見るのか分からなくなる。

今日も朝飯・昼飯時に、テレビのワイドショー番組を観たのですが、未だに日大のアメフト問題をだらだらやっている。それも番組時間の2/3前後使って。しつこいので別の局へ。そこでも同じ、また別の局へ、そこでも日大アメフト問題。連日連夜やっている。そして間には、4本~5本のスポットCM。このCMがまた売らんがためなのか、音声は絶叫型。ピチピチギャルが踊ったり跳ねたり。いかにも効能疑問型サプリメントの押し売り。取りあえず、CMに入ると消音にします。カミさんは、オイラがばんばんチャンネルを変えるのを嫌がります。なんでも良いから動かさないでと。そのうち、ライブ視聴はやめて、自動録画された番組に切り替えます。そこではCMになると、CM飛ばしで先に行きます。

まぁ、それにしても発生から3週間。被害を受けた選手は、もう試合に出ています。当初は再起不能になる恐れがあるなど、過剰に事を大きくして報道されていましたが。どおってことがないケガのようで。いろいろ問題がある事は、オイラでも分かりますが、過去似たような事例は大事にならなかっただけで、多くあったと思いますよ。加害者の選手は同情されていますが、あんな明らかにわかる反則タックルを、まさかするとは、監督もコーチも想像していなかったと感じます。別にオイラが日大理工出だからといって肩を持つわけではありませんが。テレビメディアでは、モリカケ問題を6野党と一緒になって、煽り過ぎたので、この問題では不利形勢になりつつある現在、それを再度糾弾煽りするわけにも行かず、話題をアメフト日大問題にすり替えようとしているのがミエミエです。

さて、日本では民放は地デジではウチの地域で8局ですが、これ、欧米ではほとんどが40局以上あります。ロシアでさえ、60局あるとか。BS、CSを含めても圧倒的に少ないほうです。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

テレビではまた加計問題再燃。今度は愛媛県が新文書を公開したのだが。これの何が問題なのか分かりません。

例の女子児童殺人・死体遺棄事件で犯行から一週間後、犯人は捕まりましたが、その間連日連夜ワイドショー番組では、これでもか!と言うぐらい現場中継や、犯行の妄想をまるで探偵ごっこのように推理報じていました。その間、白色の車が止まっていたとか、黒尽くめの男がどうたら、こうたらと。確かに幼気な女子児童に対して、悪魔のような犯行でしたから、大騒ぎの連日連夜であったことは、仕方がなかったかもしれませんが、被害者宅まで撮影したり、犯人が捕まれば、犯人宅まで取材陣が押し寄せたり、常軌を逸していました。犯人はすぐ近くに住む20代の男で、家族と住んでいました。車は黒い色の軽ワゴンでした。白い車も、不審な黒尽くめの男も全然関係がありませんでした。

これが片付くとテレビメディアは今度は、アメフットボールの日大の選手が違反タックルをして、被害を受けた関西大の選手が全治2~3週間の怪我を負い、それを指示した日大理事兼監督の内田正人の糾弾番組を連日放送。この件だけで番組の大半の時間を投下して、それも連日連夜。見ていてゲップが出てしまいます。チャンネルを変えるのですが、そこでも、あそこでもやっている。どうもこの内田監督は、テレビ取材人に憎まれていたのか、またはこのクラブだけが、他のチームより軌道を逸していたのか、集中攻撃になっていた。事件の特化するのは仕方がないとしても、各局同じ時間にここまで長く特化するのは、非常に不自然を感じる。その現場のすぐ後ろには審判がいたが、危険行為と指摘を発していなかったように見える。ラクビー選手だった友人がいるが、鎖骨を2回折っている。試合中はアイツを潰そうぐらいの言葉は出てくる。アメフットはラクビーより過激なスポーツだ。今回の彼は、素直に反則をして相手を潰してしまったのか?

そして、テレビのワイドショーは、また加計問題の新文書発見で。まさにかき入れ時のようだ。・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

平昌五輪以後、急速に朝鮮半島の事態が高まって来た。特に先週から今週に掛けて目まぐるしく事態が進む。

米朝首脳会談を控えて、先週から今週は、様々な動きが集中しました。3月に行なわれた初の中朝首脳会談。金正恩は平壌からトコトコ鉄道で北京まで習近平詣。まぁ大歓迎を受けたわけだが、さらに今月7日~8日にまた今度は、平壌から大連まで空路で習近平詣。お互い何を会談したのか、詳細は曖昧だ。

ポンペオはCIA長官の身分で4月に極秘裏に北朝鮮を訪問し、金正恩と会って折衝をしている。彼は北朝鮮の事情は知り尽くしていて、更に北朝鮮には強硬派だ。きっと金正恩は震え上がって、習近平の庇護を求めるために、初北京詣をしたと見る。ポンペオはその後議会の承認を得て、ティラーソン国務長官更迭後の後釜に座っている。金正恩追い詰め作戦の実行隊だ。そして、9日の今日、再度北朝鮮を訪問して実務的な折衝を行っている。3人の米国人の人質を奪還するとの話も出ている。

国内では、9日の今日に、日・中・韓の首脳会議が行なわれて、三者会議の他にそれぞれ二者会議も行なわれている。夜にはその結果が会見されるだろう。建前は経済問題だろうが、北朝鮮問題が主題であろう。その前に安倍総理は4月17・18日にフロリダでゴルフも交え、トランプ大統領と数回の会談を行った。ともかく北朝鮮の金正恩は、何とか核兵器と化学兵器を温存しながら、小出しに規制緩和と経済援助を引出し、以前数回やった居直りで、また核兵器、ミサイルを使った恫喝で我が意を得ようとしているのがミエミエだ。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

5月GW中のあれこれ。柑橘苗木のマルチングに初めて挑みます。

皆様連休はどの様にお過ごしですか。孫が成長してきて、もはや遊んでもらえないことが多くなりました。とにかく学校の行事やら、塾やら、習い事が多くなって、とてもジージの相手をしている暇がないようです。今まで連休は毎年山をひと超えで、サイクルスポーツセンターに行き、自転車特訓をしていたのが、夢のようになりました。子供はどんどん成長をしていきます。孫長男はコントラバスの練習、孫次男は今風ポップダンスの練習とか。

4月下旬と5月初めに葬儀が2件がありました。南足柄の、従妹の旦那が56歳、肝臓がんで4年の治療後亡くなりました。次は、町内会同組の奥さんが、1年の治療後亡くなりました。78歳でした。

連休は混み合うので、なるべく外出は避け、柑橘栽培に精を出します。IHI勤めのサト坊が30日午前空いているので手伝いたいとのことで、草刈り機で、段畑の縁に生えているお茶の木、サカキなどの雑木を払ってもらいました。彼、オイラより15歳若いマッチョマンなのですが、普段使わない筋肉を使うので腰が痛くなったと言っていました。その間、オイラは今回から柑橘苗木にマルチングをしてみようと開始をしました。別の畑のを加えると全部で4年生以下の苗木が60本ぐらいありますので、結構なひと仕事なのです。  マルチングとは

特に苗木周囲の雑草を防ぐ目的と、苗木の水分補給の調整に効果があるようです。雑草に囲まれてしまうと、雑草についている様々な害虫にやられることもありますからね。また養分も雑草に掠め盗られてしまいます。大雨で肥料が流されてしまうことも防げるようです。時々シートを剥ぐって、湿り気具合を確かめることも必要です。黒マルチは、猛暑時地温上昇を抑える効果もあるとか。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

セクハラ問題で、ますます懸命にプロパガンダするテレ朝やTBS。

日本の文化?には、「接客」という分野がある。これを世界でも類のない風俗文化として確立させたのが、京都などの「お茶屋」といっても良い。東京圏では「待合」に類を見る。戦後はここからヒントを得て、いわゆる接客が主体のホステスクラブ⇒高級クラブとなっていった。造りは、バーカウンターとテーブル&イスのボックスで構成され、バーカウンター内では、簡単なオードブルや様々なアルコールを調合し、客に提供する。

で、そこには接客女性を用意してあり、その店のママとチーママがそれら女性を指揮する。お客との接客は客のイロイロな会話に主に聞き手として対応する。高尚な会話の聞き役の場合もあれば、エロっぽい話にも反応して、わざとカマトトぶって客はその反応を楽しむ。中には客は何回もその店に通い、目星の女性と親しくなるよう励むわけだ。もしかして口説くことが出来るかもと期待を込めて。このような形態の店は日本特有だ。米国やカナダでは一般にはない。EU国もないだろう。彼らは、女性と会話するだけで、なんでこんな高いカネを取られるんだと不思議がる。但し日本人出張組、赴任組のために一部はあるが。日本の文化の一部かもしれない。

もちろんそんな目的はなく、普段仕事中では話せないことを無礼講で会話して、日頃のストレスを解消することで通う客もいる。これがほとんどだろう。謂わば、接客女性は精神科のカウンセラーの役目を果たすわけだ。また会社の接待など、接客女性を入れて取引相手と親交を図る為に利用することもある。・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018年4月16日 (月)

マス・メディア界の反撃が、この木の芽時になってますます劣化し激しくなってきた。最後の足掻きか?

「木の芽時」なのか、この季節は精神状態が不安定になりやすいと昔から云われています。大昔は「コノメドキ」と云われていたようです。寒暖の差が大きかったりで体調を崩したりの因果関係があるようです。山に行くと、木の芽が吹き出し、冬眠から覚めた野生動物のように何かおかしなことをする人が多くなるとか。柑橘園では数日前、「はるみ」と「麗紅」の苗木2本づつ植栽をしました。一気に雑草が生い茂り、これらの除草を2日掛けて完了しました。確かにこの季節、緑樹の中にいると、生気が狂い溢れてくるような気がします。

で、こんな中やはり「木の芽時」なのか、相変わらずのマスメディアと野党ですが、特に「安倍降ろし」の勢いをさらに付けてきています。4月14日には国会前で、主催者発表5万人、実態は6千人規模の「安倍やめろ」の集会デモを繰り広げました。5万人なんて毎度の嘘発表で、「安倍の嘘」を糾弾するお得意のブーメランです。現在6野党の中に、「年中、木の芽時」が沢山いますね。アホらしくなってしまいます。

この一年間、森友問題と加計問題で国会は費やされ、結局は各官僚のチョンボが積み重なったということが、ネット社会では共有されつつあります。安倍総理の贈収賄事件だったのでしょうか?便宜供与事件だったのでしょうか?特にテレビ・新聞しか見ない層は、完全にこれらの煽りに嵌って、プロパガンダされてしまっているようです。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (10)

2018年4月 4日 (水)

ドラム缶を半割に切断しました。初めての経験です。

柑橘栽培に関しては、色々必要な雑用作業があります。べつにやらなくても良く、別の方法でも良いのですが。柑橘園の貯蔵庫兼倉庫の傍に、16年前に他界した父親が、いつのころか20数年前ごろか、何処からか、ドラム缶を入手して置いてありました。別に邪魔ではないので、そのまま見慣れた景色になっていました。父親は何の目的でもってきたのか?あまり深く詮索をしないでいました。

ただ、段々畑の園の中段ほどに2ヶ所、ドラム缶を半割にしたのが置いてあります。ほとんどサビ朽ちていました。存在そのものを忘れていたような状態でした。昨年ごろから、中段にあった、散々実を付けていた青島みかんの古木の主幹の片方列が枯れ始め、残りの方も葉が黄色になって、なんとか対策をしなければと気にしていました。

数日前、思い切って幹の半分をチェーンソーを使って、切り倒し幹・枝を短く切り刻みました。その処理で、ふとすぐ傍を見ると、サビだらけの半割のドラム缶があり、それに枝や幹を入れ込み、火をつけてましたら、合理的に良く燃え、楽に焼却が出来ました。火事の心配もなく。焼却場にしているのは、最下の段なので運搬が面倒くさいのです。

Cimg0225_r

多分この半割ドラム缶は30年ぐらい前に父親が作業が便利なようにと置いたのでしょう。そこで、ふと思い出しました。倉庫の傍に長年置かれていたドラム缶のことを。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年4月 1日 (日)

今日の記事は柑橘栽培について特集です。

現在、メインの柑橘園の柑橘苗木(植栽5年以下)27本、サブの柑橘園が23本植えてあります。一番困るのは、その苗木周囲1m以内に肥料を撒いてあるので、特に雑草の繁殖が凄いのです。これは手鍬作業で雑草を抜くわけですが、結構労力が必要です。また草刈り機で払う方法もありますが、うっかり肝心な苗木まで払ってしまうという笑えない事態が発生することもあります。そこで、雑草の発生を防ぐために、黒マルチを根元周囲に敷く方法があります。昨日アマゾンで、適合しそうな黒マルチを発注しました。

M_dsc_1414 これ他人の畑の写真

雑草を草刈機でというのも、雑草の根は残ってしまうので、2週間もすればまた元気よく成長してしまいます。つまりイタチゴッコ。オイラの体力も少し老齢化しているので、楽にやりたいので、根まで枯らすサンフーロンという除草剤の噴霧で処理しているのですが、デリケートな苗木の回りは避けたほうが良いらしい。・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

柑橘栽培3月の行事。森友学園問題は荒れに荒れて段々全貌が見えてきました。あと一歩です。

一昨日ウチの柑橘園の全ての柑橘の木に3月の作業、アタックオイルを噴霧しました。これ主成分はマシン油乳剤です。希釈は60倍でタンクに300Lの水を入れ、アタックオイル5.1Lを入れ、これをエンジンポンプ機で圧を掛け、ここから設置済の配管を通して園内設置(2ヶ所)の分支コックにホース(30m)を繋ぎ、噴射棒で葉にかけます。主に葉の裏をめがけて。

これは、1月又は3月にしなくてはなりません。これ、柑橘特有の越冬病害虫駆除の為です。この時期、カイガラムシ類、ハダニ、サビダニ、キジラミの卵が葉の裏に潜んでいますので、マシン油の膜が害虫を包み込み、そのまま乾燥して窒息死させる効果があります。約4時間ぶっ続けで段々畑を長いホースを引きながら、噴射棒をもってトレッキングをします。足腰に良い運動です。メインの園を済ませ、30L程度余りますが、今度は残をショルダー噴霧器に入れ、もう一つの苗木ばかりの園に行き、手動で苗木25本に噴霧しました。いつも作業は午前だけか午後だけなのですが、この日はなんだかんだで1日中の作業となりました。

またこの日の前日には、春肥(配合肥料)3袋(60㌔)を全てに撒きました。これから、梢芽、花芽が成長し、樹の体力をつけるためです。ついでに、良い運動となりオイラの体力もつきました。

さて、3月9日のこのブログの記事の続きですが、ここ連日連夜の森友問題です。

» 続きを読む

| | コメント (3)

«ひょんなことから、Facebookで大昔のカナダの旧友と再会が叶いました。