2017年10月14日 (土)

今回の衆院選、「民進党ガラガラポン選挙」が正しい。

昨日金曜からすっと曇りと雨降りが1週間以上続くそうだ。10月は日照時間が通年長く続くのだが。気温も11月並になっているようです。今年は温暖化どころか、寒冷化の年となりそうだ。

衆院選10日の公示日も過ぎ、22日の選挙日まで熱い選挙運動が続いています。希望の党だか、絶望の党だか、支持率がどんどん下がっているとの予想です。いくら間に合わせで出来た党とはいえ、党内組織も小池代表と選挙役職1人で選挙選突入。まったく、ハチャメチャになっています。民進党左系反体制側は、希望の党には入れず、独自に枝野がやはり間に合わせで立憲民主党を立ち上げました。代表代行が長妻昭、幹事長が福山(陳)哲郎です。共産党・社民党と共同戦線を組むと。

まさに、民進党は、衆院では、希望の党・立憲民主党・無所属とで、3つに分解しました。さらに、参院の民進党は、固まって民進党のままで、先々一つに再び集まるんだと、有権者無視の稚拙なことをやっています。岡田代表⇒蓮舫代表⇒前原代表を通して、最早この政治集団は、近親憎悪伴いの三つ巴状態だったということが、恥ずかしげもなく、国民に曝け出されてしまいました。140億円という民主党からの内部留保金、いわゆる相続金争いもこれから水面下で激しくなるでしょう。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2017年10月 8日 (日)

オイラが代表幹事の「すみえ会」盛大?に開催しました。池田 学と言う画家、これ世界に打って出る、偉大な画家となりえるよ。

6日金曜日は午後3時から、高校時代の担任の先生の名を取ったクラス会(すみえ会)を開催しました。これ2年ごとに開催します。オイラがこれの常任代表幹事をしています。担当実行幹事のエノ坊と事前に開催に至るまでの準備をしてきました。担当実行幹事は回ごとに変わります。やはり皆老いて来て、また環境が変わったり、大病をしたりで、不参加や消息不明も多くなり、今回は参加17名でした。1次会・2次会を済ませ散会は午後8時半。夕方から雨が激しくなり、移動は雨降りの中でした。

古希を迎えたのや、これから古希だという時期の会でした。皆で古希を祝い乾杯をしました。衆院選挙を控えてその真っ只中、話が政治問題に発展すると終始が付かなくなる恐れもあり、エノ坊が各自のスピーチに項目を付け、その方向には行かないようにしました。もっとも、この仲間のほとんどはノンポリ育ちでしたから、危惧する必要はありませんでした。ただ2次会になって、政治関連は話題にしないようにしようねとオイラは念押しをしました。

女性が1人物故者となりました。オイラとは2年間同じクラスでした。前々回の不参加の時のコメントで、前年に旦那さんが逝去し、落ち込んでいる時に検査したらガンの発症が分り、手術をしたそうだ。そして前回の不参加通知のコメントには、「体の調子が良くないので欠席します」と。相手が女性なので、また、そこまで親しくはなかったので、連絡はしませんでした。結局それから1年後昨年9月に逝去されたことを、彼女と仲の良かった女性メンバーから聞きました。ガンが原発から肺、肝臓に転移をしていたそうです。オイラがその内情を話し、皆で哀悼の黙祷をしました。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

日本でのリベラルとはなんぞや。民進党は分裂し、リベラル派はどこに行く

オイラ、リベラルという言葉について、未だに覚えているのは、1992年の米国大統領選挙で、勝利したビル・クリントンの記者会見。彼は色々抱負を語っていたが、「皆さんは、私をリベラルと言うが、決してそのような考えはない」と当時様々な場所で語っていた。彼は民主党であったため、その当時の解釈のリベラルという悪い印象操作をされるのが嫌だったようだ。

改めて調べると、このLiberal という言葉は、非常に曖昧模糊としていて、日本と米国と英国とはちょと違うようです。肯定的に使うこともあり、否定的に使うこともあり。簡単に翻訳すれば「新自由主義}ということらしい。因みに「自由民主党」の英訳は「リベラル・デモクラティック・パーティー」です。ということは、日本では元祖リベラルは自由民主党であり、その党首の安倍晋三こそリベラルということになりますね。

1 政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由を重んじる思想全般の意だが、主に1980年代の米国レーガン政権以降は、保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。自由主義的。「リベラルな思想」 

2 因習などにとらわれないさま。「リベラルな校風」

この1980年代米国では、政治的意味として、この「保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。」 ここから左系的な思想ということになるのだろう。現在の米国・英国はどのような使われ方をしているのか解らないが、日本では保守派が左系派を揶揄する場合にも使われているようだ。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (5)

2017年9月28日 (木)

民進党が解党する方向に決まりました。「雌鶏啼いて、国滅ぶ」がまた始まりそうです。

今日正午に臨時国会の本会議で衆議院が解散、そして10月10日公示、22日投票の運びとなりました。テレビのワイドショー番組、ネットで内情を知るしかないが。まぁ猫の目のように政局が変わります。朝はモーニングショー、昼は”ひるおび”の番組を観たのですが。

昨年2016年7月14日告示、7月31日投票日の都知事選、小池、鳥越、増田がメインで争い、結局小池が圧倒的な差を付けて都知事となりました。オイラとしては、鳥越なんてやからが都知事なる事なぞ許せませんでしたし、増田という事務屋のようなカリスマ性のない人物も相応しくないと思い(オイラ過去15年間東京都民でした)、小池に温情的な記事にしました。当時、石原慎太郎が増田の応援で、彼女の事を「小池は大年増の厚化粧」と揶揄して、それは何でも言い過ぎだと感じました。しかしその後、都議会の百人委員会に元都知事として追及され、仕返しをされましたが。

それから1年、どうやらこの揶揄は多少当たっていたように感じます。今回の政局では彼女はモンスターになってしまったようです。それを反安倍マスメディアが応援する構図が続いています。小池に関しては「雌鶏啼いて国滅ぶ」の展開になりつつあります。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (2)

2017年9月24日 (日)

ネーブルが割れた。さあ、解散総選挙に突入だ。特に民進党は青天の霹靂か?崩壊に益々近づいた批判命党

ご承知のように、今年8月・9月は多雨が続いた。この熱海でも8月は累計451ミリ、9月は今日までで累計160ミリ。まぁ昨年の9月はもっと多雨(累計451ミリ)だったが。ウチの柑橘園で滅多にない現象が起きていた。ネーブルの成木が4本あるのだが、この時点で成長期の果実の割れが多く発生していた。もちろん割れた果実はすぐ撤果するのだが、数日後行くとまた割れ果実を発見と切りがない。

Cimg0054_r Cimg0055_r

割れの多い木では約3割前後とものすごい数だ。このようなことは過去なかった。原因は8月成長期の実が、多雨の為、水分の吸い上げが実の方に集中して肥大化し、表皮の成長が追い付かず、割れてしまう現象が起こる。これを防ぐには、木の根元地盤周囲をシート等で被い、雨水を防ぐのが良いらしい。まぁ、8月に、こんなに多雨が続くとは、7月の天気予報にはなく、むしろ日照りの灌水の方に気がいっていた。

さて本題

まぁ今年は政局がらみの問題が多く発生し、それらの総括というのか、安倍首相は突然総選挙の態勢に入りつつある。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

人間も動物の一族。母親の子供を守る姿には何回でも感動をしてしまう。山尾志桜里よお前この番組を観たことがあるのか?

普段の日曜日の夕食時は、NHKの「ダーウィンが来た」を観ている。この番組は2006年4月からの長寿番組だ。これが終わると大河ドラマだが、これはカミさんに任せ、寝室のベッドで伸び伸びしながら録画番組を観ながら眠くなるのを待つ。

NHKの大河ドラマは大昔は毎回みていたが、演出に誇張があったり、捏造があったり、また毎週で長期連載なので、観ることを強要されているような、とにかく疲れるのです。また日本の歴史を一部の演出で歪められてしまうような気がして、観るのをやめました。カミさんは楽しんでいるようですが。

この「ダーウィンが来た」は、録画予約もしてありますが、食事をしながらライブで観ることが多いです。大筋は特定の動物を対象に絞って、その習性と子育てがテーマです。子育てについては、人間も動物の一種なので、共通することが多く、心を打たれるシーンが多いです。昨夜は娘とその子小3の孫が食事に来て、その孫と一緒に9月3日放送の「巨大ヒグマ密集地帯!新米ママの挑戦」の録画を観ました。まぁ孫と一緒に観ようと、録画を削除しないでいたのです。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

8月は多雨の冷夏だった。民進党の肉食ジャンヌダルク山尾志桜里若いツバメとダブル不倫が発覚とか。

今年の8月の気象庁の予想は、こんな多雨で低温続きの気候ではなかった。それこそ気候変動枠組合意、パリ協定は正しいと自虐的に人為的気候変動を煽るはずだったのが、現実は世界中で50年ぶりの超大雨だのどちらかと言えば、温暖化とは言えない気候続きでした。さて9月に入ってどうなるか。昨年9月はこの熱海では秋雨前線の影響で雨が異常に多く、オイラの雨量計では累計で451ミリの雨が降りました。例えれば、1㎡に451L(浴槽2杯)分の雨が降ったことになります。そして10月10日まで雨降りが続きました。その結果、柑橘園の成木の下には異常に苔が発生しました。毎日ジメジメしていたのでしょう。

9月1日にあの民進党の代表選挙があり、結果前原が代表となり、早速前原は役員人事に当たり、幹事長に山尾志桜里(43歳)がよさそうだと。それを聞きつけた記者達は山尾のコメントを取ろうと山尾を追っかけました。ところがやっと見つけたら、ちょうど噂だった男とチョメチョメホテルに入って行ったと。5時間後にスッキリ出てきたと。その男の正体も割れている。それを文春砲が記事にして今週発売だと。ゲラ刷りを手にした民進党幹部連と前原、幹事長は大島に変更、さらに山尾の代表代行の話も無くなったと。文春は木曜(明日)販売らしいので、以後話がネットでも盛り上がりますね。民進党は昨年9月蓮舫が代表になって以来・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年8月30日 (水)

今年の8月は久しぶりに忙しかった。娘孝行です。あなたのところにもスパムメールが来ていませんか?

8月に入ってから、このブログの更新が滞っていました。NZのダニーデンにお住まいの”でんこ”さんから、ご心配のメールが来たりしたのですが、至って元気です。前記事のごとく、熱海駅の近くにある次女の嫁ぎ先の屋敷の改修工事に専念していて、疲れ果て、とてもブログを更新する余裕がなかったのです。新築から35年の屋敷ですが、先代が今の家族構成を考えないで造ったので、様々要望が出てその度にオイラの出番なのです。もちろんカネはしっかり取りますが。今回は6帖半ぐらいの広さの空間が物入れ+洋服室+ウォーキングクロゼット室に分かれていたのを、一つの空間にして、続きの子供室に繋げ改修するというものです。昨日でほとんどの改修と修理工事が終わり、あとは照明器具を取り付けるだけになりました。

25日間かけてオイラ1人で工事をしました。改修工事に当たっての調査⇒内装下地の解体工事⇒床フローリング張り工事⇒電気配線とコンセントボックス取り付け⇒腰壁PB張り工事⇒見切り縁、巾木などモールディング取り付け工事⇒腰壁PBのドライウォール工法施工⇒塗装用養生施工⇒既存クロス張りも含めて専用塗料でローラー塗り2回塗装⇒養生剥がしと清掃⇒既存建具の調整修理⇒他室の修理工事⇒昨日。

もともとオイラは建築設計と監理がメインでしたが、・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

体じゅう筋肉痛です。これからテレビで蓮舫のツラを見なくて済むようになりました。ハッピーです。

次女の息子2人が大きくなって来て、現在の子供部屋が手狭になり、隣部屋にあった6畳半クロゼットルームを改装して新しく子供部屋にしたいと4月ごろから依頼があったのだが、こちらも雑用が多く調査だけしてほっといた。古くからのタンスが4竿あり、最早要らないものばかり。さらにロフト部屋も子供部屋と繋がっているのだが、そこも要らないものばかり。これでは改修工事も出来ない。最近になって尻に火が付いたのかのように、いつになったらやってくれるのよと。それにはまず部屋の中を空にしなければならないと。人を雇ってもよいが、それほどの事ではない。旦那の休みの日に二人でやろうと。それまで必要なものと不要なものとを区別しておけと。事前に熱海市のエコ・プラント(清掃工場)の引き取り明細を調べて、次女にそれをメールした。もちろん粗大ゴミの引き取り価格の明細もある。PCなどのリサイクル商品以外は、ほとんど可能だ。また熱海市のごみ袋(黄色)に入れれば無料だ。

2日前にその義理の息子(旦那)とタンスなど家具類やらその他を軽トラに満杯に詰み込み、山の中腹にある工場で処分。これを3回繰り返した。そのお陰か、次の日から体中痛く、その前には柑橘苗木の灌水で腰を少し傷めていたせいもあり、昨日は、家にいても動くのに億劫なほどでした。息子はすぐそのあと、マッサージ店を予約していて、オイラほどではなかったと思うが。オイラは残っていた湿布を貼ったり、塗り薬を塗ったり、昔使った腰ガードを巻いたりでなんとか過ごしています。改修は現在のドアーを変えたり、新しいドアーを設けたり、床を張り替えたりなどの仕事がこれから先オイラを待っています。

さて本題です。

昨夜の録画してあった報道ステーション、27日午後の蓮舫の民進党代表辞任記者会見についてどのように報道すのか楽しみにしていたのだが、これがその日必要なニュースでもないような報道ばかりで、この件について詳細は報道はなし・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

-地表は常に動いている。気候も常に変化している。人為的気候変動説は未だ信用出来ない

オイラの地域は7月4日の夜中に大雨が降って以来、一切雨降りがありませんでした。連日真夏日で、2か所ある柑橘園の約60本ある苗木と幼木が、水が欲しいよと妄想で聞こえてきました。そこで13日と14日に重い腰を上げて、灌水(水遣り)をしました。毎回ですが、午前中は事務所でCAD設計やネット閲覧、昼食後一休みで2時半ぐらいから行動開始です。軽トラに300L入りのタンクに水満杯、これを現場に運びエンジンポンプで灌水をします。

Cimg0017_r Dscn8168_r

1か所で300L×2で600L、2か所ですから1,200Lを要しました。苗木1本当たり約20Lってところです。ホースに繋がった噴霧棒を地中に突き刺し、地中にしっかり水を流し込みました。このまま10日以上雨なし晴天が続くと、再度灌水ということになります。結局・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

森友・加計問題はとんだ茶番劇で終了です。問われるのは劣化した反体制メディア群と劣化した野党群だ。

昨日10日にいわゆる「加計学園問題」についての国会で閉会中審査が行われた。9時半から衆院で、2時半から参院で。録画して再生して視聴したのだが。特に前愛媛県知事の証言で事の真相がハッキリしたのだが、未だにいつもの反体制テレビ番組と民進党、他野党(維新は除く)は、「行政が歪められた、安倍のお友達優先政策」だと、もうすでにケツが見えているのに、素直に認めることができない。

今日テレ朝の鳥羽慎一モーニングショーだが、火曜日のコメンテーターはあの玉川徹、菅野朋子という女弁護士、そしてあの青木理という打倒安倍政権の準パヨク達。さらにゲストは元文部省審議官で嘗て「ゆとり教育」の旗振り役で、この当時の小・中学生に学力の低下をもたらした寺脇研だ。

この集中審議に対して、案の定「前川さんは堂々としていた」とか「午前と午後7時間の中で発言に落ち度がなかった」と悪いのは内閣府や官房を攻める発言で終始していた。また加戸守行前愛媛県知事の何度もの発言には内容さえスルーしていた。

オイラ彼の発言を理解すれば、過去12年間に渡る獣医学部の今治への誘致の沿革が分り、とても問題の中心、安倍首相の入り込める余地なぞないということが分かる。民主党政権時代に官僚主導から政治主導ということで、民主党と鳩山政権らが今治への誘致のために動いていたんじゃないか。・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2017年7月 3日 (月)

facebookが乗っ取られた。都議会選挙、小池百合子の作戦が100%実現しました。また自民党の補完戦力にもなりそうです。

昨日の午後、久しぶりだが、高校時代のシン坊から携帯がかかって来た。それによると、オイラが登録しているFacebookから、シン坊のFacebookに連絡が来て、「コンビニで購入できるプリペードカードを買って、その番号?を教えてくれ」みたいな事の内容だったと。それについての打診だった。いわゆるプリペードカードを使ったフィッシング詐欺のようだ。正確なことが分らないが、オイラは全然関知していない。Facebookは登録だけしてあるが、そもそもこれに余り興味はなく、友達登録名もフジ坊、高知のレン坊とこのシン坊だけだった。レン坊に携帯電話をしたら、そのようなものは来ていないと。要するに、オイラのFacebookがどうやら乗っ取られていたようだ。急いでパスワードの変更をしました。多分また乗っ取られるまでは大丈夫かと思います。恐いですね、時々パスワードは変えましょう。Twitterも登録してあるのですが、これもメールで乗っ取られた可能性があるとかメールが来て、アカウントをリセットしました。FacebookもTwitter、そもそもこれら伝言ゲームのようなやりとりアプリは、興味が湧きませんでした。しかし誰だろう、オイラの登録を乗っ取ったヤツは。またどのような方法で、オイラのIDとパスワードを盗みとったのか、そっちに興味があります。

昨日東京都議会選挙が完了しました。テレビメディアしか観ていませんが、自民党敗北の一辺倒の論調には、いい加減うんざりします。国会では野党第1党の民進党の敗北については、ほとんどスルーをしているようで。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2017年6月24日 (土)

昨日の前川前事務次官の記者会見で、うっかり本筋を言ってしまい、この長期に渡る政界お騒がせは終了です。

21日の久しぶりの大雨で、オイラ製の雨量計では、合計で84ミリの雨量となっていました。たっぷり雨が大地に浸みこみ、当分苗木への灌水の心配がなくなりました。

いわゆる報道ワイドショー番組は監視の意味もあって良く見ます。自動予約録画が多く、CM飛ばしで視聴するわけですが。このごろテレビドラマ、テレビでの映画、スポーツ中継、ミュージック番組などなど、観る意欲がほとんどなくなりました。BSでの海外の紹介番組はよく観ます。次に旅行をしたいところ探しや、過去旅行したところを復習の意味で。

てなテレビに関する日常なのですが、このごろは、インターネットで動画を観ることが多くなってきています。テレビメディアがかなり偏向しているなかで、これら時事問題を扱った動画サイトは、なるほどと納得する見解が多いです。またYoutubeが多いので、次々興味ある課題について観ることが出来るので、暇つぶしにはうってこいですね。

オイラが録画で監視している番組は、報道ステーション、サンデーモーニング、なんとかのモーニングショー、ひるおび、Mr.サンデー、とくだね、報道特集、バンキシャなどなど。録画をリモコンで、CM飛ばし、興味なし飛ばしで観ますので時間的には有効な観方をしています。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年6月17日 (土)

「もり」「かけ」と蕎麦じゃないんだ、いつまでも・・・。テロ等準備罪がやっと成立した。そんなに悪法なら次の選挙で廃案の公約で戦うんだよね。野党さんよ。

森友学園問題から加計学園問題に野党の追及と恫喝に変わって、早や1カ月。14日の松野文科省大臣の内部文書の追加調査の結果発表を引き継いで、15日午前に山本内閣府特命担当大臣が内閣府側の調査資料を公開した。なんでも内閣府というのは、各省からの寄り合い出向で、問題の「総理の意向」とか「官邸の最高レベルが言っている」のフレーズが文書に入っていたことが、問題になっているのだが、このメモを作ったのは、文科省からの出向者で、課長補佐だったと。

もはや、芥川龍之介の「藪の中」の世界になって来た。今回の決定は安倍政権の目玉、岩盤規制を突破する国家戦略特区の政策から来たものだ。逆に言うと、たまたま加計が安倍と親友だったから、今回の獣医学部の開設は出来ないということになる。おかしな話になってしまう。今年4月に千葉で国際医療福祉大医学部がこれで開設されたが、・・・

2015年11月に公募開始で17年春にスピード開校、公募なのに手を挙げたのが一校だけ、高級官僚が学長や理事にゴロゴロ天下っているという大変分かりやすい案件です(ちなみに文科省からは2名)。 余談ですけど、朝日新聞はなぜこっちの案件は報道しないんでしょうかね。人様の命を預かる医学部案件が利権とバーターで認可されている方がよっぽど大問題だと思えるんですが。やっぱり「安倍叩き」につながらないと朝日的にはニュースバリュー無しってことなんでしょうか。それとも、ひょっとして国際医療福祉大の医療ジャーナリズム教授に再就職なさっている大先輩(元朝日新聞論説委員)に“忖度”なさったんでしょうか。

まぁ、野党も大手マスゴミもこの件は追及しないのはなぜでしょう。いかに新聞やテレビ報道番組が恣意的で偏向しているのかがわかりますね。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017年6月14日 (水)

あの英国ロンドンで、いまどき信じられないような建物火災が起こりました。もしかしてテロ火災の疑いもありそうです。

いまどき、あの英国ロンドンで、こんな大火災が起こるとは信じられません。まるで木製のやぐらに火を付けたようにメラメラと炎が高層マンション全体を包んでいる。

脱出者の携帯に建物内部から着信が…「火の広がりはすさまじく速かった」 取り残され多数か 2017.6.14 13:43

【ロンドン支局】英ロンドンの高層アパートで14日発生した火災。火は深夜のアパートを一瞬で包み、周辺は大混乱となった。「こんな火は見たことがない」。何もできぬ目撃者を前に建物は燃え続けた。  

「寝る準備をしていたとき、隣人が(異変を知らせに)ドアをノックした」。英スカイニュースの取材に脱出した男性はこう話した。彼の携帯電話は内部に取り残された人から着信があるといい、まだ脱出できない住民は多数いるもようだ。男性は「火の広がりはすさまじく速かった」と振り返った。  

火災が起きたの「グレンフェルタワー」という1974年に建設されたアパートで最近改装されたという。火の勢いは強く、目撃者の1人は「火が強くて消防隊員も近づけないようだ」と話した。  現場周辺は警察により封鎖され、

近隣住民は遠巻きに見ているしかない状況だという。英BBCに目撃者の1人は「上層階でトーチのようなものを点滅させている人を見た。明らかに外部に脱出することはできなかった」と語った。

この建物は1974年の建設された、24階建ての高層アパートだそうだ。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

柑橘栽培用にウチの軽トラの荷台に荷台用マットを敷くことにしました。昨年から始まった登記情報提供サービス、これは便利ですよ。

昨日は、ウチの柑橘園の防除を行いました。6月、7月、8月に1回づつ行います。防除とは農薬を適量希釈して、柑橘の葉に噴霧します。特に葉の裏側を目がけてです。30年前ごろ、よく無農薬栽培という間違った謳い文句が流行りましたが、残念ながらあれは幻です。もちろん1年か2年において防除なしでもなんとか欠点なしの果実もなりますが、その後は害虫にやられ、悲惨なことになります。柑橘類病気画像

6月防除のターゲットは、黒点病、ミカンハダニ、ミカンサビダニ、アザミウマ類など。これに対して、マシン油乳剤(これは農薬ではない)、エムダイファー水和剤(90日・2回)、コテツフロアブル(前日、2回)を指定の希釈率で水溶します。この薬品の90日というのは、収穫する90日前までに使用しなさいということ。2回とは、年に2回まで使用してよいということです。マシン油乳剤は、小さな虫(ダニ類、カイガラムシ)の気門(呼吸口)を粘り気で塞いで殺します。収穫前までにこれら残留農薬は、雨で流され、まったくの無農薬状態となります。また一方には、防除をする人の健康を十分に留意した農薬成分と希釈率となっています。

中国などで問題になるのは、管理がずさんの場合、自己流で間違った薬品選択、特に収穫前の日数が短すぎて、まだ残留薬品が収穫物に付いている事例が多くあるとの事でした。まぁ民度の問題があるかもしれません。

で、昨日は軽トラに300L用塩ビタンクを載せ、水を300L入れ、さらにガソリンエンジン稼働ポンプを載せ噴霧してきました。塩ビパイプが1本最上段まで埋設してあり、途中2か所コックがあり、そこに噴霧用ホースを繋げます。もちろん加圧ポンプからその塩ビパイプにも繋げます。噴霧にはウチの場合約4時間掛かります。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

さあ、そろそろ加計学園・前川喜平前事務次官問題は店仕舞だ。民進党と朝日新聞は残念だったね。

オイラの日常は、夕食のあと少しテレビを観て、寝室に行きベッドに入り、寝ながら正面にセットしてあるテレビ、主に録画を観ながら睡眠が襲ってくるまで観続けます。録画ですから、CMになるとリモコンのCM飛ばし操作で。世の景気が戻ってきたのか、テレビCMの量が増えたような気がします。それが意味不明なCM、やたらに叫ぶCM、奇人変人を使ったCM、まぁオイラが及第点を与えるようなCMは20あって一つぐらいか。民放は無料視聴なので、文句は言えないが、CM飛ばしでなるべくCMは見ないようにしています。

で、このスタイルでいつの間にか寝てしまい、熟睡7時間前後で起き上がります。もう1年以上続けていますが、睡魔が近づいてきたらアイマスクをします。夏場は日の出が早く5時前にカーテン越しでも窓が明るくなりますので、それを防ぐためです。これだと1時間ぐらい余計に熟睡することが出来ます。

録画番組はBSフジのプライムニュースが多いです。反町理(そりまち おさむ)の司会進行は大変立場をわきまえた良い仕事をしています。同じ「理」でも青木理とは月とスッポン。自分の主義主張を表に出して無理やり意見を統制する煽りの田原総一郎とは月とスッポンですね。5月朝生を観たのですが、田原の進行ぶりは酷かった。自分の気に入らない意見は途中で無視。「おまえら知らないだろうが、実は昔は・・・・」ってな口調の連続。総入れ歯なのか言が聞き取れない。難聴になってきたのか、海馬が衰えつつあるのか、自分と反する意見には理解をしようとしない。もはや老害キャスターだ。なぜテレ朝は降板させないのか解らない。田原は BLOGOS にたまに投稿しているが、今や彼の意見をまともに受け取る読者は少なく、コメント欄は彼への非難で炎上することが多い。

あのテレ朝の報道ステーションは、チェックの意味で録画予約に入れてあり、朝起きてからチェックをします。これ古館のころは、あまりにも彼の酷さに憤慨して眠れなくなることがありましたからね(笑)。しかし偏向の本筋は変わっていないようです。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017年5月26日 (金)

でんこニュース。加計学園獣医学部新設を腹癒せで問題を大きくしたお坊ちゃん育ちの前川前事務次官

オイラの地域では、12日間まともな雨が降らなく、二つある柑橘園に55本ある5年生以下の孫のような可愛い柑橘苗木が、「水が欲しいよー」と妄想で聞こえてきていました。特にその間、太陽が照りつける日は、そろそろ水遣り(灌水)に行かなくてならないかなあーと思い続けていました。しかしこれ結構重労働なのです。今日の一日中の雨は、まさに恵みの雨です。

昨日の朝、NHKのBS、ワールドニュース内での天気コーナーで、NZ(ニュージーランド)のダニーデンでは、最低気温マイナス3.6℃を記録したとあって、さっそくダニーデンのでんこさんに、久しぶりにメールを打ちました。寒波が襲ってきて、日中はそれほどでもないが、夜相当冷えるそうです。まぁマイナス気温ですからね。夜、外で飲食して帰る時、相当辛いとか。まぁ自宅が、世界一急な坂道道路の傍にありますからね。

返信メールの一部にあった「でんこニュース」です。

オーストラリアとの関係もあまり興味は無いのですが、以前はある程度ニュージーランド人に寛容だったのが、今ではあまり保護しないようになって来たようです。オーストラリアで育ったニュージーランド国籍の刑務所の囚人たちがニュージーランドに送還されています。また大学の学費も温情があったのが、他の国の学生扱いにするとかの話も出ていました(結果はまだ)。やはり経済が厳しくなって来ているのですね。

  シドニーの不動産の価格が暴騰してホームレスが増えています。中には庭にテントを張って、それを週1万円くらいで貸す人がいるのをニュースでやってました。オークランドでもホームレスや車で寝泊まりする人もいるそうです。今後どうなる事でしょうか。 

 ニュージーランドはクリーンな国と宣伝していますが、河川がどんどん汚れて来ています。  貿易(酪農)を活発にしたいのはわかりますが、まず汚染を防ぐ法を探ってもらいたいと思っています。 

中国の不正役人らが、シドニーの不動産を買い漁ってのバブルなのか?また後述は、行き過ぎた移民政策のツケが回ってきたのか、豪州ではこれから移民に厳しくする方針だと聞きました。昨年NZに行った時感じたのは建設現場では、まだ自国民(白人)が多く、欧州のような移民だらけではなかったように感じました。

さて本題です。

連日、テレビでは「森友学園と安倍首相」から今度は「加計学園と安倍首相」で政権ダメージ作戦で攻勢を掛けています。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年5月23日 (火)

達成感を次々感じる人生を。国際的規模の詐欺錬金術師、その名は習近平主席様だ

自分の有限会社の法人確定申告を完成させ税務署に提出しました。もちろん赤字決算なのですが。それでも県と市に均等割額分、計71,000円を書類作成し提出し、納税をしました。あとを継ぐ者もいないし、そろそろ店仕舞をしようかと思っていますが、なかなか踏ん切りがつきません。そして財務諸表ソフト・確定申告ソフトを使って申告書類を完成させる過程を結構楽しんでいます。大きな達成感が得られます。

一見面倒くさいことでも、数多くの達成感を得られる材料を持つということは、充実した人生を送ることが出来る秘訣です。まぁこれは何でも良いのです。昨日は路地庭に植えたモッコウバラが繁殖して枝が道路にはみ出して支障が出てきたので、脚立を立て大掛かりに一部残して大伐採をしました。カミさんを助手にして。伐採した枝葉は軽トラの荷台満杯でした。これ前から懸案だったのです。テラスの日当りが良くなりました。これも達成感を得ることができました。まぁ、なんといってもこのブログの記事を完成させてUPする。これも毎回達成感を感じています。

さて本題です。

現時点の世界の空気ですが。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

ウチの耕作放棄地だった土地をユンボを入れて耕作してみました。

昔から地目が「田」の土地があり、父親の代から農作放棄地で、市から雑種地並の高い固定資産税を取られていましたが、色々対策を考え、農業耕作地とするべく、柑橘の苗を約33本植えました。その件を市の課税課に通達し、農業委員会に現地調査もしてもらった。それが2013年の晩秋だった。翌年からは農地としての評価となり、当然固定資産税も激減しました。それ以後まるで自分の孫のように手入れをしてきましたが、次々と枯れたり、未成育が出たりで、順調に育たない。仲間にその件を話したら、土地が合わないのではと。そんなことがあるのかよと思っていました。

そもそもこの土地は、オイラが幼児の頃、水田だった。町内の人が小作をしていたのを覚えている。その稲刈りの風景も見たことがあった。で、その後その小作をしていた人が離れ、父親はそのまま耕作放棄地にしてしまった。ただ毎年雑草の駆除だけはしていた。父親も自分の仕事の方が忙しかったので、ここは放置をしていた。つまり2013年までただ雑草の原野となってしまっていた。あの90年代の土地バブルがこちらの方まで来て、そうとう高額な固定資産税を払い続けていたわけで。

その後、2002年に父親が亡くなり、オイラが相続した土地なのだが。少なくとも60数年、土地の表面は耕作していなく、そこに柑橘の苗木を植えたのだが、雨水の吸収と排出が悪くなっていた状態なのでは?と考えた。その結果、苗木が次々育たなかったのでは?と。また苗木の植え込みの為深さ50センチを掘るのだが、40センチぐらいで粘土岩のような層にぶち当たることしばしば。ツルハシで掘り出したりする場面も多くあった。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

熱海沖にも赤潮発生。フランスではマザコンのマクロンが大統領になりました。

5月の連休も明けました。蘇州のイサ坊とウチの柑橘園で恒例のBBQを夜7時まで食べ過ぎ、飲み過ぎをしました。彼は高校時代からのポン友です。道路から海を見ると、赤潮が発生していて、彼は初めてこの赤潮を見たようで驚いていました。5月~6月は晴れで凪ぎが続くと、毎年何回か見られます。テレビでは、鎌倉の由比ヶ浜や江ノ島の海岸を取材してニュースにしていました。熱海海岸、南熱海海岸までは取材がなかった。これ運が良ければ、夜真っ暗な海岸に波間に漂う夜光虫の光を見ることができます。波打ち際の砂地を踏むと、やはり青色に光る現象を見ることができます。

三島由紀夫の小説、”潮騒”を映画化した中に、波打ち際で抱き合う恋人二人に、波が被ってきて、その夜光虫が二人を包むように蛍光色に輝いていた場面がありました。その日は赤潮が発生していたのでしょう。初めて目にしたと、はしゃぐイサ坊に、その辺の話をしようと思ったのですが、ラクビー上がりのモサの彼に、そんな高尚な話をしても伝わらないだろうとやめました。

Dscf5133_r Dscf5134_r

さて本題です。7日にフランスでは、大統領選挙の決選投票がありました。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

連続祭日の日々あれやこれや。「流石」の語源について。朝日新聞の押し紙問題について。

5月の連休期間に入りました。天気予報では連日晴天なようで、今も煌々と太陽が照っています。外気、テラスに置いてある気温計は22℃を指しています。末娘夫婦はシンガポール生活になってしまい、いつも来ていたこの連休は来れません。長女家族も次女家族も、孫がだんだん成長してきて、様々楽しむ分野が変わり進化し、また実家に帰ってもいつもと変わらないので、インパクトがありませんからね。ウチの柑橘園でのBBQ家族パーティーももう飽きたようです。まぁ何回もやるようなものではありません。

隠居体制のウチら夫婦は、このような連休中は、自宅で休眠して、平日に活動(旅行等)をしています。この方が混雑していなく、廉価ですからね。4日には高校時代からの旧友、蘇州のイサ坊が、ウチに来て恒例になっている柑橘園BBQ、飲み放題、食べ放題をする予定です。30日まで中国の広州にて広州交易会に行っていたとか。中国の話をヨタ話も交えて聞くのが楽しみです。柑橘の木の春梢が発芽してどんどん伸びています。花の蕾も開花の準備中なのもあります。柑橘の種類に依って、その速度はまちまちです。ネーブルやダイダイが速そうです。

大昔からなんとなく違和感があったのが「流石=さすが」という単語です。以前からネットで調べてみようとは思っていましたが、調べることをつい忘れてしまいそのまま使っていました。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

Amazonの無料体験には気を付けて。ドコモWI-FIでもオイラと同じような場合には注意して。

昨日テレビ用イヤホンが壊れたので、いつものAmazonで探して注文実行をしたのだが、その作業のなか途中で、Amazonプライム無料体験の誘導画面が出てきた。これは以前トラブルを起こした経験があるので、これは申し込みはしなく無視をし、買い物を確定し決済した。Visaカードは登録してあるので簡単なのだが。ところが、Amazonはこれの盲点をついたやり方なのか。この無料体験を申し込んだものと勝手に決めた。以下オイラのところに来たメールの一部。

Jhuygt
ここから下に延々内容紹介が続く。そして最後尾に・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017年4月22日 (土)

4月25日の山場。正恩という「馬鹿小僧」を奈落の底に追い落とせ作戦が始まるかも

渡部昇一が、4月17日に心不全で亡くなった。享年86歳。もともとあまりじっくり本を読まなかったオイラだったが、25歳で結婚し、カミさんに知的なところを見せようと、買って読んだ本が「知的生活の方法」だった。詳しい内容はほとんど忘れてしまったが、要するに多くの本を読んで、知的に生きろということだったと記憶している。その後、会田雄次など当時流行していた本を読みこなしていった。テレビでの対談番組でも好きな人物で、ただ、論戦や口戦には向かないが実直に話を展開できる人物だった。最近も彼の出演している番組を観たのだが、かなり老化が激しく心配はしていた。左系論陣と相対しての彼の自論には、よく喝采したものだった。人間の持っている原理原則というものをよくわきまえていた。86歳とは大往生で、良い晩年だったと思う。合掌。

さて本題

シンガポール発の最大型原子力空母カール・ビンソンは、1週間前の時点で、北朝鮮の海域に到着して、もしもの際の攻撃に控えると、散々テレビで放映していたのだが、実際には、シンガポールから南に移動して、インド洋の方に行く予定だったとか。トランプ・ホワイトハウスは、海軍からの情報を間違って伝えたのか?または海軍が時期早々と反抗したのか?オイラUSA!USA!と駆逐艦を率いて北上する雄姿を夢見ていたのに裏切られた。これ世界のマスゴミ全てだった。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017年4月16日 (日)

北朝鮮、ピョンヤン統一通りの高層住宅群は、すべてハリボテの衝立だった。ここまで稚拙なことが出来る正恩政権だ。「劇場国家の喜劇」がまた始まった。

「ウチのネーブルとハッサクを喰ってくれ!」は貯蔵在庫が無くなりましたので終了いたします。ご注文下さった方々に感謝を致します。また来季の購入を宜しくお願いいたします。

カミさんからLINEでの連絡が来て、フライトが昨夜午後11時に羽田に到着。近くにある平和島温泉に1泊して、今日午前中に帰宅すると。これツアー料金(カタール航空)に含まれているそうで、なかなか便利なシステムだと感心した。もうすぐ携帯が来て、熱海駅に迎えに行かなくてはならない。土産話が楽しみだ。

さて、金正恩の北朝鮮。13日だったか海外から招待したメディア取材者200名を急遽集めて重大なイベントがあると。

平壌の高層住宅団地竣工 金正恩朝鮮労働党委員長も出席、外国メディアに成果誇示2017.4.13 19:13

北朝鮮の首都平壌で教育者向け高層住宅団地の竣工式が13日行われ、金正恩朝鮮労働党委員長が出席した。訪朝している外国メディアにも取材を許可。国際社会による厳しい制裁下、最重要プロジェクトとして進めてきた建設事業の成果をアピールした。  「黎明通り」と名付けられた団地は、金氏が昨年3月「制裁の中でも果敢に突き進む(北)朝鮮の気概を示す」として年内の完成を指示。昨夏、洪水被害が出た咸鏡北道の復旧に作業員が動員されたため工期が延び、今月15日の故金日成主席生誕記念日までの完成を目指し、軍人も動員して急ピッチで建設を進めてきた。

以前からこの通りの建物群は公表されていたが、オイラ何かCG上のファンタジア構想のような気がした。報道陣も集めて、正恩のテープカットセレモニー。あーオイラは誤解していた。本物だったのだと思った。だがどうも生活感がないなーとも思っていた。また外観だけで、内装がない(躯体と外装のみ)のがあちらでは普通だから、こんなに早く出来上がったのかなーと。

ところがだ・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (2)

«いよいよ北朝鮮はあのイラク戦争前の空気になってきた。圧倒的な米国の軍事力を前に、小便を漏らしそうな正恩かな。