2016年8月29日 (月)

豊洲新市場の建築で決定的な問題が発覚した。今週小池都知事が開場の延期を決定か?

日曜日の新報道2001の番組で、例の築地市場から豊洲新市場への移転に伴う様々問題を扱っていた。各ブースの間口が有効1.3mとしかなく、今までのような作業が出来ないとか、トラックの荷降ろしが、後方からしかできず、現在のような横ハッチからの荷降ろしが出来ず、これではトラック荷降ろしの渋滞が発生するとか、作業スペースの床が積載重量によって抜け落ちる可能性が・・・・・。

建物はほぼ完成に近くなっていて、図面上ではなく実態を見ることができるようになった。このような問題が発生しているなかで、11月2日に築地市場が閉鎖、11月7日に豊洲新市場の開場ということなので、業者の引っ越しはこれまでに完了しなければならない。こんな中、現地の最後のモニタリング調査が11月18日に行われ、その結果発表が年明けだという不思議な日程が組まれているそうだ。

小池都知事は、この日程を延期すべきかどうか、今週中に決断しなければならない。築地の業者の約8割はこれら様々な問題を解決すべく、延期を望んでいるそうだ。この移転問題は石原慎太郎都知事の時決定され、事業化され建設がされてきた。

そして番組では、決定的な問題が指摘されていたので、その件について記事にしました。これは東京都行政の建築基準法違反、さらに建築条例違反となりそうな案件だ。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年8月27日 (土)

6年ぶりにまた胃の内視鏡検査をしました。リオ五輪が終わり、台風10号がこちらに向かっている。

今日は朝9時半から病院で、胃の内視鏡検査をしてきました。これ2010年にもやったのですが、過日行った一般健康診断のバリウム検査で胃にポリープがあると結果表にありました。毎回これで脅かされるのですが。数日前消化器科を受診し、この結果を見せたら、また胃の内視鏡検査をしましょうと、日程は今日が空いているのでということに。

まぁ最近大学の時の友人が食道がんに掛かり、4月に逝去したり、熱海での友人が胃がんで2/3胃を切除して、抗がん剤で、頭がツルツルになったり、他にもあったりで、安心の為に検査を受けました。検査は実質15分前後。まず胃を膨らませる液剤をコップ半分ぐらい飲みほし、次に麻酔剤の入った水飴のようなものを含み、さらにベッドに横向きで寝て、さらに喉の回りに麻酔剤を吹きつけます。そこから口にプロテクターを咥えさせられ、その中からミミズのようなチューブ機材投入で、食道⇒胃⇒十二指腸の幽門まで探って行き、要所で検体を採って、逆走で終了です。目に入る位置にモニターがあって、その都度内部の画像が次々UPされます。40枚前後あった。

終了して先生にバリウム検査でポリープがあるだったが、無かったみたいですねと言ったら、きっと胃が動いた時皺が重なったりでそれがポリープに見えたのかもしれませんねと答えていた。まぁ老人になればポリープ自体は珍しくないと云われている。問題はそれが悪性なのか良性なのかなのだが。検査費は9千余円でした。保険が効かなければ3万円余です(病院側の売上です)。検査結果の問診は9月7日です。これでしばらくは清々と吞んだり食ったりできます。以下は前回の胃の検査の記事です。

昨日は歯科で歯の検査とクリーニング。今日は胃の内視鏡検査。連日になってしまった。2010年8月 7日 (土)

さて、リオ五輪も8月21日(現地時間)に閉会式で終了しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

2016年の夏、お盆のころのいろいろ

前記事のように、苗木の育成には水遣りが特に夏場は大切で、雨なし日が続くと灌水作業をしなくてはなりません。一仕事増えるわけですが。だから毎朝天気予報のWebサイトを睨んでいるのですが、これが一向に当たらない。降水確率60%というから助かったと思うが、一向に雨が降らない。台風7号が関東地方に接近で、熱海の方にも雨雲期待が出来ると。結局雨量は限りなくゼロでした。今日も午後から降水確率60とか50%だと。果たして適量の雨が降るのか?降らなければ、今日か明日にまた灌水作業です。

お盆は、蘇州のイサ坊が熱海にやって来て(彼の別荘マンション)恒例の夜会BBQをウチの柑橘園で楽しみました。スーパーで事前に食材やアルコール類を揃えたのですが、買い過ぎで食べきれず、飲みきれず全てを腹に収めることが出来ませんで大分クーラーに残してしまいました。両者共に68越え、暴飲暴食が出来なくなりました。20歳代二人でサントリーレッドの大瓶1本空けてしまい、翌日胃液を吐いた元気さは皆無です。

Dscf4621_r

昔話に花が咲き、大手商社を退職して奈良に居を構えているシン坊に携帯した。元気にやっていると。今夢中なのは、陸上競技で短距離走だそうだ。有名なシニア大会で優勝したとか。オイラはケチなので、見入りのないもので体を動かすのがもったいないと思うようになりました。だからゴルフもやめました。今は柑橘栽培で全身運動に精を出しています。

リオ五輪でテレビ各チャンネルはその報道で競いあっていますが・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

柑橘類の栽培は気が置けない。特に夏場は苗木への灌水が続くのだ

ここのところ連日真夏日で気温30度以上。先祖から受け継いだ柑橘園を栽培しているのですが。隣の柑橘園のアキ坊が、早期退職をしてやはり先祖から受け継いだ柑橘園を毎日栽培作業をしているので心強いです。みかんや中晩柑(温州みかん以外の柑橘類)の栽培は素人さんは収穫の時だけを想像しますが、1年を通すと、枝の剪定・除草・施肥・防除・灌水・撤果・農機具の修理修繕を繰り返します。

そして収穫をして予措(1・2週間実の表面の陰干し乾燥)⇒貯蔵⇒腐り実の撤去⇒出荷となります。時間的にはオイラのところは規模が小さいので、各数時間ですから、本業の合間に出来るのですが。まぁこのごろは時間を取りやすくなり、また柑橘栽培の知見を磨くためにも積極的にやっています。特に年々老木(40歳以上)で死木となった代わりに苗木を植え替えて来て、今や4年生以下の苗木が50本前後となっています。60歳代の健康の為の運動にはもってこいで、それも必要性がありますから止めることが出来ない運動となっています。そのお陰で夜もぐっすり眠れます。

人間の子供が病気に掛かり易いのと同じで、それを防ぐために苗木には特に注意が必要です。特に苗木の場合成木のように葉が影を作ることがないので、雑草が生い茂り、そこに害虫も発生して、苗木をダメにすることが多いです。特に・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

今回の参院選と都知事選。パヨクが国民から受け入れられていないことが明確になったようだ。

7月31日の投票日、投票締め切り8時にNHKは小池百合子の当確を出した。まさに瞬殺だった、鳥越俊太郎と応援団。四捨五入で小池291万票、増田179万票、鳥越135万票。増田はともかく、鳥越は小池にダブルスコアで負けた。オイラからみると、あれだけ鳥越の劣化ぶりをみても、東京都には135万票も入れる有権者がいたことが不思議でならない。反政権の広告塔だったから、それに追従するのも相当いることは理解できるが、それでも135万人もいるとは。まさに「蓼食う虫も好き好き」ってことを思い知ったわけだが。

それにしても、鳥越俊太郎候補者の、次から次へと出てくる面白い演説発言は、ここまで酷いとは思わなかった。これほどの数多くの失言をした候補者は歴代いなかっただろう。それを「私は51年ジャーナリストとして鍛えた目をもって・・・・・・・・・」もうアホかと。またご同類の選挙応援団の左系女子たち。もちろん左脳のメスどもは以前から面が割れていたが、今回、改めて確認が出来たわけで。・・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2016年7月29日 (金)

ウチの町内会で、今問題になっているのが、大津波対策で現在より1.5m防潮堤を高くするという住民集会だ。建設会社会長の古くからの大ボスが司会進行で。何か都議会の内田茂を思い出した。

今日からオイラの地方も梅雨明けとなったのか、朝から日差しが強くなった。ここ1・2週間涼しい日が続いたので、午後から今年3回目の除草剤散布を行った。満タンで15キロある背負い手動噴霧器で、二つの柑橘園、計3000㎡に施す。草が生い茂ると水・養分が草に取られ、また昆虫の発生が多くなり、葉に影響を与える。噴霧してから数日~2週間で雑草は枯れる。特にツユクサは頑固で完全に枯れるのに2週間は掛かる。以前はエンジンでの草刈機が多かったが、これでは草の根は刈り取れないので、2週間もするとまた一面雑草だらけのイタチごっことなってしまう。使っている除草剤(サンフーロン)は、土壌に害を与えず、根っこまで枯らすので、かえって、土壌が柔らかくなるので、重宝しています。

都知事選も選挙運動は明日土曜日が最後です。鳥越俊太郎は、今回の出馬で、いかにいい加減なエセジャーナリストであったことが露呈されました。こんなことは20年以上前からネット社会では常識だったのですが。

魑魅魍魎としてきた都議会、特にそのドン内田茂都議会議員に対して、小池百合子は挑戦状を叩きつけてきました。内田は土建業界のドンでもあり、ここ10年間、都関連の建設工事の采配をふるってきたようです。現に彼が役員をしている企業が、オリンピック施設関連の受注をかなり受けている闇が暴かれ始めています。まぁ土建業界は大昔からこれが当たり前の世界ですから驚くに値しません。舛添も彼の手のひらで都知事をやっていたわけで。

ところで、オイラの町内会で最近起こったことですが。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2016年7月25日 (月)

都知事選で一番有名になった鳥越俊太郎。ネット界で完全におもちゃ状態となっています。これも身から出た錆びでしょう。

今日は午前中、年1回の一般健康診断に行ってきました。熱海にある国際医療福祉大学熱海病院というのがあり、前身は国立熱海病院でした。規模も大きく、建物・設備も最新なので、それなりに安心して診てもらえます。オイラは何かにつけてこの病院に行きます。院内で誰か知っている人がいないかなと探したのですが、1人だけ見つかり軽く雑談をしました。

毎回嫌なのが、バリウム検査です。傾斜した版の上で、寝ながら回転を何度もさせられ、すばやく回転出来ない自分の体力減退を感じます。「ハイ!うつ伏せになってそのまま回転して仰向けになって、そのまま向こうを向いて、息を吸って、じょじょに吐いて、はい!そのまま息を停めて」これを4回も5回も。炭酸剤で胃を膨らませてバリウム飲んで・・・・・・・。これなら胃の内視鏡の方が楽かもしれない。朝食抜きだったので腹が空いて腹が空いて。ご褒美に終わってから、宝亭で久しぶりに名物カツカレーを食べました。

さて、都知事選も後半に入り、投票日まで7日となりました。テレビ界よりネット界の方が、大騒ぎになっています。主人公は鳥越俊太郎です。別名「鳥頭」となっています。そう鳥は3歩歩くともう忘れてしまうことから鳥頭と付いたようです。彼は本当に真面目にやっているのだろうか?と疑問が湧くほど、次から次からと腸わたがよじれるほどの話題を提供してくれています。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (7)

2016年7月20日 (水)

7月の中旬は大きな事が続いた。都知事選もますますヒートアップしている。

先週は様々な事が続きました。14日にはフランス南部の高級リゾート地ニースでトラックテロが発生、花火大会の後海岸沿い道路にいた見物客に大型トラックが高速で進み、無慈悲にも群衆の中へ突っ込み、人々をなぎ倒し、運転手は警官に射殺されて停止しました。死者84名。いままでのISテロが武器による射殺や爆弾、自爆だったのに対して、大型トラックでひき殺すという新しい発想のテロでした。

犯人は当然警察に射殺されるのを覚悟でしょうから、これ新しい自爆テロですね。イスラム教の経典にあるジハード(聖戦)の解釈(間違った解釈)で、天国に行って第2の人生を楽しむことが出来ると本当に思って自爆する。まさにカルト教の恐さはここにある。 ジハード

2年ほど前からIS関連でのテロで、数十人が犠牲に、というのが続き、それを知っても感情的にマヒして、大して驚かなくなりました。勿論世界中ではテロは年中行事なのですが、先進国でのテロに関してはやはり大騒ぎになってしまいます。人の命には大昔から感情的にも差別はあるのです。これは仕方がないことです。

このほとぼりが冷めないころ、こんどはトルコのイスタンブルでクーデターが起こりました。15日夜ラマダン明けの日に、軍部の一部が首都アンカラと最大都市イスタンブルで軍事クーデターを起こしました。・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (6)

2016年7月12日 (火)

左系論陣を張って来た永六輔が今月消えた。参院選で戦後初めて衆参与党が2/3超え状態となった。

大学を卒業して、新宿中落合にあった伯父の建築設計事務所で5年間修業をした。アトリエ的規模の事務所で、毎日ラジオを流してあって、それを聞きながらドラフターを動かし、設計図を描いていたわけで。時刻は忘れてしまったが、今月7日に逝去した永六輔の「誰かとどこかで」(1967年から46年間)を毎日聴いていた。相手の女性の名前は何だっかのか記憶にない。彼は寺の住職の息子であったが、寺を継がず、作詞家からテレビ・ラジオのマルチタレントとなっていった。当時は同様の活躍をしていた小沢昭一、野坂 昭如で中年ご三家と言われスーパースター並の扱いをされていた。しかし時代はどんどん流れ、そのご三家最後の生き残りも7月に旅立った。

5年ほど前に、珍しくラジオを聴いたら、この「誰かとどこかで」の番組をまだやっているではないか。もちろん永六輔なのだが、もうほとんど聞き取れないような呂律であった。番組スポンサー(桃屋)も同じだった。翻って見ると、彼は作詞家だけあって、「言葉の転がし」が大変旨かったように思う。記憶にあるのは、宮沢賢治の「雨にも負けず」の詩で、「・・南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい・・・」のフレーズを大変評価していた。雨にも負けず

当時人気が盛り上がり、全国で講演依頼が引っ張りだこになり、あちらこちらに講演に出かけたが、そのダイレクトな左系的物言いに、聴いた人達から反感を買っていたようだった。少なくとも静岡県保守系では「永六輔なんて呼ぶな」が多かった。・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

東京都知事選。オイラの母校の恥さらし石田純一が、舞い上がって立候補だと。増田寛也も華やかさがないからね。

今朝、先ほど今日・明日に開催される町内の祭りの準備をして帰ってきました。大雨の中、雨合羽を着て、ウチの町内の1組テリトリー(縄張り)内の屋敷の道路面に縄を張り、お決まりのシデ(紙垂)を取り付けるのですが、大雨の為シデは明日取り付けることにしました。あと御神酒所の設営です。男連30名前後の参加者でした。ここで飲食や子供達を接待します。60年前に浅草で購入した子供神輿は大雨なので、明日に延期となるでしょう。カミさん連中は飲食の料理作りです。やはり20名近くの準備の参加です。

町内と言っても13の組に分かれていて、オイラの家は1組です。同じ近所でも滅多に会うこともなく、このような時に挨拶をして近況を語り合う楽しみがあります。今年初め心筋梗塞で救急車で運ばれたヤマ坊もその後回復し、顔を出していました。しかし、まだ回復過程で、少し痩せ、顔色もあまり好調ではなかった。病状を聞き、慰めました。明日は我が身かも知れませんからね。16時頃から御神酒所で飲食会です。18時頃になると、青年会や神輿同好会が担ぐ大神輿が練り歩き、各御神酒所で休憩をします。

さて、東京都知事選の候補予定者がテレビを賑わしていますが。オイラは20代前後の時、15年間新宿にいましたので、多少関心があるわけですが。ここにきて、ドサクサに紛れて、あの石田純一が、「立候補してみようかな」なんて不謹慎なことを。コイツはオイラの高校の恥さらしだよ。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年7月 4日 (月)

参院選期日前投票をしてきました。民進党はひとり負けの様相のような。全て岡田の馬鹿さ加減からか?核マル枝野の資質からか?

先ほど参院選の期日前投票に行ってきました。選挙区は自民党の岩井しげき、比例区は、自民党の片山さつき。比例区は党名を書くより、候補者名を書く方が、票が政党と候補者両方に行くので、このほうが有利です。オイラ片山さつきは、けな気な可愛さを感じている。あの暴君舛添の元妻としても。政治手腕はそれなりにあると感じる。

あの福島みずほの社民党は1名かゼロでしょうね。もうこのブログでは、福島みずほの顔を見るのも不快感というか、これで消えてほしいのですが。あの偽善ぶり、厚かましさぶり、慰安婦問題をここまで大きくしてしまったのは、朝日新聞と彼女が戦犯ということは明確です。本来なら外患誘致罪適応としてもおかしくありません。彼女の内縁の夫の弁護士も似たり寄ったりでしたね。

先週だったか、テレビ番組で各党の代表が集まって、参院選の各党合同の討論会がありましたが、社民党の党首 吉田忠智が、持論を述べていて、途中から言う事がプッツンしたのか、何も後が続かなくなり、皆が「大丈夫なのか?」と心配したり、馬鹿にしたり。そもそも彼、何を言いたいのかいつも明確に話すことが出来ませんでしたね。脳梗塞の疑いもあり心配するところですが、早く消えたほうが良いかもしれませんね。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年6月30日 (木)

民主主義の行きつく先には、ややもすると衆愚民主主義が待っているかもしれない。

分かってはいたが、英国というのは一般の国の概念を超えたところにあった。そこから考えると、未熟または成人に達していない国、未完成な国とも云えるわけで、その障害が露わになって来た次第だ。オイラ最近では2013年10月にスコットランドからロンドンまで縦断をしてきた。

イギリス漫遊 -1  イギリスは寒かった. まずは、スコットランドのエディンバラからスタートしました。2013年10月17日 (木)

はるか昔からの歴史を通じて、戦争を繰り返し領土の奪い合いが続き、まずイングランドとウェールズが合併し、やがてスコットランドが合併し、多くのテロを繰り返しながら、北アイルランドと合併して今の英国がある。UK=United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland が正式名称で、これら王国の集合体なのだ。これを表した国旗ユニオンジャックが出来たのが1801年だ。これで英国(UK)という一つの国家となったわけだ。今から215年前だ。

この間ずっと4つの王国の集まりだ。一つの王国ではないんだよと。これを持って大英帝国として云わば海賊国家として世界中を荒らしまくり、産業革命で東インド会社を作り、おびただしい数の植民地を造りまくった。そして当時世界一の帝国となった・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年6月28日 (火)

ヒットラー様が柴田未来に怒り心頭のようです。

毎日雨降りで、ジメジメして嫌ですね。今日は手短に。 この動画観ていて、コーヒーを...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2016年6月24日 (金)

とうとう英国はEU離脱が決定になりました。政治統合なしのEU連合は絵に描いたモチだったことが証明されたようで

今日は英国のEU離脱か残留かの国民投票の開票に翻弄された1日でした。大方の見方としては日本でも、なんだかんだといっても最終的には残留が勝利するだろうと。実はオイラも最終的に残留に決まるだろうと。朝食後ワールドニュースの録画を見て、その後NHKの画面下にでてくる開票結果を眺めていた。

午前中は離脱が51.数%、残留が48.数%。おや離脱が頑張っているねと。どうせ午後には逆転するだろうと。テレビの解説では、最初は地方の開票所からので、これらは離脱派が多いところだから、当然離脱が多くなりますと。しかし後半になると残留が多い都市部の有権者の多い開票所からのが加わりますから、逆転することでしょうと。

しかーし、午後になっても得票率の%は変わらない。もしやと思い始めた頃、12時40分ごろ、BBC放送が、離脱勝利確実表明をした。テレビのスタジオ内も動揺してきた。その後も開票は進み、最終的に離脱が51.9%、残留が48.1%とで終結、離脱が決定した。最後まで逆転は一切なかった。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年6月20日 (月)

英国国民はEU離脱を選ぶか残留を選ぶか。どちらにしてもEUの黄昏は近づいている。政治統合なしのEUは曲がり角に来ている。

キャメロン首相も忙しい首相だ。2014年9月18日には、英国を二分するかのような、スコットランド独立の住民投票を行った。結果は否決されたわけだが。

スコットランドが独立の賛否の住民投票だと。歴史的に世界の民族は離合集散を繰り返して来た。今、流れは離散の方向に向かっているのか?2014年9月 1日 (月)

スコットランド独立投票。反対が多数で否決となった。ロジカルとエモーショナル、ロジカルが勝利した。2014年9月20日 (土)

たった2年前だが、この当時スコットランドが強気だったのは、財政的に北海油田を抑えていたからで、原油売上で当分凌げる算段があったが、結果として独立否決となって良かったんじゃないか?当時1バーレルUSドル100前後だったのが、2015年になったらUSドル40前後になってしまった。もしあの時偶然でも独立が叶ってしまったら、いまごろアップアップになっていただろう。

そしてキャメロン首相には、今度は6月23日にもっと大きな問題、英国がEUを離脱するか、残留するかの国民投票が待っている。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

とうとう舛添は都民にも後ろ足で砂を掛け、糞を撒き散らして去っていった。東京都知事を蓮舫にと?頭は大丈夫かい?

舛添都知事下ろしの大騒ぎが、6月15日の都議会閉会日の午前に当人が21日付辞表を提出して、4月1日から延々と続いてきた大騒動台風がやっと過ぎ去った。今はその後片付け中だ。13日の集中審議で約束した様々な証拠資料提出、美術品検品ツアーも、給料全額返却もことごとくキャンセルになったわけだ。20日の再度の集中審議もなくなり、翌日21日で舛添都知事は退任ということに。「立つ鳥跡を濁さず」ではなく、「立つ鳥糞を撒き散らす」で彼は去っていった。

一週間ほど前から自宅に作業員が入ってリフォームを始めたらしい。廃品や家具の運搬もしていたらしい。家族はもはやここには住んでいないようだと。結末がこれだと、もはや舛添一家は日本には住めないだろうと思う。日本中の国民がテレビで知ってしまったからね。

韓国訪問でパククネ大統領らと勝手に、新宿区にあった旧都立高校の跡地(6100㎡)を韓国学校用地に安く貸すことを約束していた。韓国政府に学校用地貸与へ 朴大統領要請 都「全力で協力したい」 2016.3.17 どうやら舛添叩きはここから始まったようだ。外交問題に発展する危惧からか、今回の集中審議や記者会見でもほとんどこの件は触れない。集中審議で自民党議員があっさりこの問題を指摘したが、舛添は「住民が反対すれば検討します」とあっさりスルーしていた。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年6月12日 (日)

多分舛添都知事は虚偽記載で政治資金規正法の網に掛かるだろう。同年として哀れに思うとしか言いようがないね。ざまー見ろと言いたいところだが。

まぁ、ここ連日テレビの報道ショー番組では舛添セコイ問題の追及が続いている。同じかもっと深刻な政治資金問題の民進党の政調会長山尾志桜里の違反問題の追及は影が霞んでしまったような。

今朝、フジTVの新報道2001を見たのだが、下村博文、蓮舫、猪瀬がコメンテーターとして出演していたのでニヤニヤしてしまった。3人とも国会で政治資金規正法違反で叩かれ追及された過去がある。大きいことは言えない存在だ。この番組のプロデューサーも人が悪いというか、出演する方も少しでも自分をテレビに出しておきたい為には恥も外聞もないということなのか。

特に蓮舫の場合、今回の参院選では改選組なので、被選挙の当事者だ。嘗ての襟立て服もやめ、しおらしくしていた。しかし首周りを見るとちょっとだけ襟を立てていたが。今ブログ界では、嘗て西田昌司が国会で蓮舫を追及した「黒い交際疑惑」に関連した記事などの削除要請を蓮舫側がしている。各ブログのプロバイダーに宛ててこの記事は「侵害情報」だと。あの当時多くのブロガーが、これを記事にしていた。【西田昌司】 蓮舫の黒い交際追求!!

これが選挙期間中に存在していると不利になるとでも思ったのか、あっちこっちのブロガーのプロバイダーを通じて削除させるよう活動をしているようだ。このブログにも当時の1記事について「侵害情報」だと。面倒くさいからその記事は削除してしまった。この蓮舫については生理的に嫌な議員の1人になっている。オイラ彼女の顔を見るのも嫌だ。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (4)

2016年6月 5日 (日)

トランプもヒラリークリントンも劣化してきた米国民の反映かもしれない。それをつくってきたのは、米国テレビ番組の存在かもしれない

今朝何気なくテレビを付けたら、TBSの時事放談であの野中広務と古賀誠が出演していた。この番組は数年ぶりの視聴だった。まさにこの番組は「爺イ放談」なのだが。何でも野中は2003年に政界を引退したが、昔の名前で各団体の長など数々関係していて、未だに昔を忘れられないのか、強弁は相変わらずのようだ。彼に関する疑惑は数々あったが、結局、刑務所の塀の外に落ちたので助かった。

舛添を随分庇っていて、辞職はするべきではないと。昔自民党で一緒の時、彼に誘われて一緒にフランス料理を彼の注文で食べたと。大変美味しかった。そして代金は彼が自腹で払ってくれたと。大変良い人だったと。馬鹿だね、その領収書をもらって政治資金から出したことに気がつかないのかね。野中は今年90歳になる。喋りも滑らかではなくなった。ただ番組に出ることで、自分の存在を維持したいのだろう。さらにこの野中、近く自民党入りで復党を二階が働き掛けているそうだ。まぁ、小沢、野中、古賀、亀井、二階などは自民党内での落ちこぼれの残骸だね。おっと舛添も「同じ穴の狢」ということだろう。

やや左系の御厨 貴(みくりや たかし、1951年4月27日 - )キャスターと、この番組のプロデューサの「昔のものを大切にする思い」は分かるが、数多くの疑惑はなかったことにして、偉そうに喋るこれら爺たちには、不快感を感じる。まぁしかし放送番組としては許容範囲だろう。放送法違反の範疇ではない。

米国は今大統領選では大変な事態になりつつある。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月29日 (日)

伊勢志摩G7サミットは安倍首相のイニシアティブで完了。オバマの広島原爆慰霊碑での献花と黙とうが実現した。

26日・27日の伊勢志摩サミットが無事終了しました。G7の首脳が集まっての研修親睦会議なのですが。その後オバマが広島を訪れ、原爆ドームに哀悼の意を捧げて日本を去りました。

まず、7ヶ国の首脳達は伊勢神宮を訪れ、日本の歴史的精神に触れ、また神道の世界を垣間見たことは、日本を少しでも理解する上で役立つことでしょう。神宮・大社・神社は、素朴な造りの中に、何か畏怖を感じる世界があります。

この伊勢神宮には過去3回ほど行ったことがあります。1回目は亡き父親との旅行のついでに、2回目は30代後半のころ鳥羽青年会議所から例会での講演を依頼され、ついでに鳥羽青年会議所のメンバーに案内してもらった時。3回目は妹がエクシブ鳥羽の宿泊券をもらったからと家族同士で行った時についでに行きました。あれは15年ぐらい前だったか。伊豆も良いところですが、この伊勢・志摩・鳥羽地域にはあらゆる面で勝っていますね。伊勢神宮は、ついでというより、しっかりその知識を入れ込んで、1人物思いにふけりながら歩きたいところですね。

テレビ報道番組はこの件と今旬の舛添叩き問題で占められていました。やはり一番の記念写真は・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年5月27日 (金)

視野が狭くなって支障を感じる男どもへ!「眼けん下垂」の傾向ありです。二重メーク用品は有効です

昨日ウチの法人税の確定申告の書類が全て完成して、今日提出するのですが、まだ雨が降っている。天気予報ではもうすでに雨は上がっているはずなのですが。税務署に行って、県の財務事務所に行って、さらに熱海市役所の課税課に行かなくてはなりません。雨が上がったら出発する予定です。

次女がマイレージが溜まって期限が来そうだからと、一昨日から屋久島に1人旅。昨夜はその旦那と孫達がウチで夕食だ。我が家では、屋久島にはオイラが2001年に初めて行った。例の千年杉で有名なところだ。ある会社の顧問をしていた時、その会社の旅行だった。費用はすべて会社持ち。ホテルは島で一番高級な”いわさきホテル”だった。最初の千年杉が見えるところまでバスで上がり、頂上までのトレッキングではなかったが。「良かったよ」と家族に話したら、数年前に三女とカミさんが、頂上までトレッキング。そして今回次女だ。この屋久島は雨に見舞われることが多いので有名だが。ウチは3回とも雨には見舞われなかった。晴れ家族のようだ。(後記:今日帰る予定が、昼ごろ羽田空港で大韓航空機がエンジン火災を起こし、今羽田空港はほとんどの便が滑走路使用不可能とか。大韓航空のお客の避難移動の為、二つの滑走路も離着陸ができない状態だと。果たして今日中に帰宅が出来るかどうか?16:00)

以前このブログで記事にしたが、どうもオイラ、「眼けん下垂」の傾向にある。つまり上の瞼が、だんだん垂れ下がり、瞳(瞳孔)に掛かってきて、物が見辛くなってきた。特に光量が少なくなってくるとその傾向が強い。つまり光量が少なくなるとネコの眼と同じで瞳孔が拡大する。上の瞼が垂れ下がって来ているので、それが邪魔をして視野が狭くなり、見辛くなるわけで。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

舛添要一よ、山尾志桜里と同じ戦法で逃げを打ってきた。両者に共通するのはサイコパス的資質なのか?

法人の確定申告の期限が月末で、どんどん作業を進めなくてはいけないことは、じゅうじゅう承知しているのだが、あれやこれやで時間を潰してしまう。昨日も午後2時から今旬の舛添東京都知事の定例記者会見を最後まで見てしまった。2時間15分だ。

先週の記者会見で、あれやこれや問い詰められ、雪隠詰めになったかのような態勢を挽回するかのように、今回は作戦を替え、民進党政調会長の山尾志桜里方式に変えたようだ。彼女も弁護士に調査を依頼してそれが済んだ後に公表しますで、ガソリーヌ問題は、今停止中だ。まぁ参議院選挙が近付けば、与党はこれを民進党へのネガチブキャンペーンをはるだろうから、一時の休息ということになるだろう。

今、最大に厚かましい政治家と云えば、この山尾志桜里と舛添要一だ。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2016年5月15日 (日)

ニュージーランド(NZ)漫遊の旅 13 最終章 ハムラナ・スプリングスとオークランド

色々なNZの湖を回ったが、その湖の名前は母音で構成されている。

オハウ湖 、タウポ湖 、テ・アナウ湖、 テカポ湖 、ハウェア湖 、プカキ湖 、マナポウリ湖 、ロトルア湖 、ワカティプ湖などなど。ほとんどが先住民族のマオリ語から出来ているのだろう。日本人としては母音の為、大変親しみ易いし、覚え易い。テレビ局でもマオリ語専門のチャンネルもあり、マオリ語ドラマをやっていた。日本語が母音構成ということは、南の点在していたポリネシア人、NZのマオリ人と日本のご先祖さんは、もしかして数千年数万年の時空のなかで交流が、かなりあったのかもしれませんね。

滞在した最後の湖、タウポ湖はNZの最大な表面積616㎢の湖で、ウナギやニジマスの宝庫だそうだ。ダニーデンのでんこさんの料理でウナギをご馳走になった。といっても蒲焼ではなく、ぶつ切り料理だ。大昔デンマークのコペンハーゲンでウナギのぶつ切りシチュウーを食したことがある。でも日本人には、蒲焼とごはんのうな重が一番のような。

朝、タウポ湖のモーテルを出発しました。ここから途中寄って、オークランドまでは約360㎞ありました。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2016年5月14日 (土)

ニュージーランド(NZ)漫遊の旅 12 スカイライン・ロトルア、ワイオタプ地熱地帯、フカ滝を見ながらタウポ湖です

NZには、数えきれないほど多くの湖があり、その湖岸が観光拠点の街になっています。もちろん大都市は謂われのある海岸を起点としてありますが。ほとんど工業都市とか産業都市というのはありません。農業地帯には村町のようなものが点在していますが、それが観光地となり得ません。まぁ面としての景観は観光地でしょうが。

日本に帰って来て、改めて車の多さに気が付きます。すれ違う車の多さはNZと比べ、半端な多さではありません。だからか、NZの道路では大きな40ftのコンテナー車が2連牽引で走っています。2車線道路が標準なので、100キロ/時ですれ違う時には、特にカーブの場合には軽い恐怖を感じます。ましてガードレールはほとんどありません。

国土面積が日本列島の7割なのに、人口450万人、GDPが日本の3.8%の国というのはこのようなものなのかと感じました。非常にゆったりとした世界です。一般の国民は一戸建て木造住宅に住み、基本は500㎡の敷地に200㎡の床面積です。水が豊富で固定資産税の中に水道代が含まれていて、特に水道代は支払うことはないと。日本は人口が増えすぎて、1億2千万人は多すぎるのでは?昭和初期の人口6千万人程度が適正ではないかと時々思う。

NZは欧州から白人が移り住んで200年に満たない。英国より英国らしい白人の国という印象でした。先住民族マオリ人との共存ですが。

温泉の街ロトルアのホテルを出発して、湖岸沿いにあるスカイライン・ロトルアというスポーツあり、眺望あり、散策道ありの場所に午前中行きました。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

ニュージーランド(NZ)漫遊の旅 11 温泉の街ロトルアとマオリダンスを見ました。そしてスパにも入りました。

NZでのGSは、すべてセルフ給油で、クレジットカード支払が普通だ。このごろ日本のGSでもセルフ式が多くなったが、まだまだ旧来方式のGSが多い。ウチの前のGSは未だに常時3~4人体制だ。セルフの場合には常時で1人か2人。店舗の中のレジに行き、給油したスタンドの番号を言って会計をしてもらう。店舗には雑貨、飲食類も売られている。

街から街までの間は一切GSがないので(最大100㌔以上)、燃料メ-ターが半分ぐらいなったら早めに給油するようにしました。日本のようにGS付きのサービスエリアは大変少ないです。また有料道路というのも一切なかったです。日本はありすぎで、きっと外国人が日本で運転したら「もう、いい加減にしてくれよ!」と思うでしょう。中国大陸にも有料道路は多いです。

NZでのガソリン価格は、一般にはnz$1.8が普通で、ディスカウントで有名なGSチェーンはnz$1.6でした。為替レートは現在nz$1=¥73.78ですが、この期間は約¥75でした。現金両替では空港で¥82.40でした。もちろんここでは替えません。損になりますからね。月末にクレジットカードの引き落とし明細第一陣が来ました。初回の買い物(4/10)が¥75.76でそこから4/14には¥77.33と推移していました。ですからNZでのガソリン価格を算出するのは難しいですが、¥77として平均¥133/Lの前後ということになります。もちろんGST(消費税)15%込みです。

GSが特に多かったのですが、会計の時レシートが必要か?とよく聞かれました。スーパーでも同じように。たいてい若い男のスタッフが多いのです。オイラ、「Of course! もちろん」と言って、レシートをもらうと苦笑いのような。これ若いのが何か別に転用する為だと思います。

翌日ワイトモから温泉の街ロトルアを目指しました。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

ニュージランド(NZ)漫遊の旅 10 オークランドからワイトモの鍾乳洞体験です。

クライストチャーチを11:25に発って、オークランドには12:45に到着しました。このオークランドはニュージランドで最大の都市で、人口は約42万人、都市周辺地域人口は約132万人だそうだ。NZの首都はウェリントンだが、都市規模としてはオセアニアでは一番大きい。またポリネシア地域としても最大で、2位はハワイのホノルルとのこと。因みに米国カリフォルニアにあるオークランドはOrklandで、こちらはAucklandで日本語ではオークランドで同じだが、スペルも発音も違うと。

クライストチャーチでレンタカーを借りたのとまったく同じ方法で借りた。もちろんオプションのナビゲーションも借りた。同じくレンタカーを借りた3人連れの日本人女性に聞いたら、スマホにナビゲーションのアプリを購入し入れてあって、それを使ったと言っていた。オイラの新武器のタブレットでもナビアプリを入れ込めるが、それにはWI-FIがないところでも受信できるようにしなくてはならない。そのためにはモバイル・ルーターを借りなければならないと云われていたので、また別のカネが掛かる。とにかくより便利にするためにはよりカネが掛かるわけだ。

今度のレンタカー店は”Ezi car renral”というところで、これまた保険のような名目で1日当りnz$19取られた。日本での予約決済以外にです。そのようなことは当初の規約文にはなかった。日本語での契約書なのですが、どうも日本語の表現がおかしいのです。まぁ面倒になるのでそのままOKしましたが。車種は今噂の三菱自動車の中古。

NZの道路事情も呑み込みましたので、またカミさんのナビに従ってドライブ開始です。

» 続きを読む

| | コメント (1)

«ニュージーランド(NZ)漫遊の旅 9 ダニーデンからクライストチャーチ。そして地震5年後の当地の見学です。