柑橘類の季節になりました。毎年恒例の、「ウチの柑橘を喰ってくれ!」

熱海産みかん自家販売 : 「ウチの柑橘を喰ってくれ!」

毎年恒例の、みかん格安で宅配します。   ポンカンは1月から2月末まで・ネーブルは、2月よりの配送

お歳暮の贈答用・クリスマス用・正月用・ビタミンと繊維分で健康増進用にいかがですか。

          青島みかん販売宅配送は、12月~1月末の限定です。

                現在受け付け中です。

Dscf3158_r ウチのみかんは大変旨いです。 Dscf3158_r_2

柑橘類の保存方法もあり・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

レンタル振り袖衣装「はれのひ」に騙された娘さん達、成人を前に良い勉強をしましたね。

今、テレビのワイドショーでは、相撲が一旦ケリを付け、1月8日の成人式に振り袖衣装で出席できなかった、可哀想な二十歳女性の話が連日だ。原因はレンタル振り袖会社「はれのひ」が、当日トンズラしてしまい、カネは払ったが設営会場はもぬけの殻で、騙されたという顛末だ。

この成人式のイベントは、そもそも戦前からあった通過儀礼を参考に、1946年今の埼玉県蕨市において行われた青年祭がルーツと云われていて、

1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年(昭和24年)から、1月15日を成人の日として制定した。それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。その後、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴って、2000年(平成12年)より、成人の日は1月第2月曜日へ移動している。

オイラの成人式は1968年で、新宿区から招待通知が来たのだが、面倒くさいので一人住まいの部屋にいたら、近所に住んでいて高校同級生のイサ坊が遊びに来て、成人になったのだから酒を飲もうと、一升瓶とツマミに酢だこ、シメサバを買って来て、部屋で飲んだ思い出がある。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

正月の恒例の3つの特別番組を再生CM飛ばしで観ました。

今年も元旦朝真夜中からのテレ朝の「朝まで生テレビ」、元旦の18時からのBS朝日「新春討論5時間スペシャル」、昨日7日の日曜、TBS「サンデーモーニング」を録画して、時間の余っている時に監視の意味で再生視聴をしました。

朝ナマは、1987年開始の第1回目から、ほとんど毎年元旦版はほとんど観ています。当初はこの手の企画は初めてで、素直に楽しんでいました。しかし、司会の田原総一朗はもはや末期ですね。今年84歳です。入れ歯のせいか口元はフガフガ、堪え性が衰えたのか、「うるさい!」と怒鳴るは、テーブルを叩くは。

「僕は三人の総理をやめさせた」、「この中では、僕だけが戦争を知っている」って口癖自慢するが、1934年生まれだから終戦時は11歳、滋賀県彦根市の小学5年生だ。ここは空襲にも会っていないし、食料も事欠かなかったはずだ。オイラ小学生の頃の脳力を思い出すが、それでなくても戦争を知っているなんて知見はなかったはずで、戦争の知識はほとんど後知恵だろう。

また「西ドイツに行ったと時は驚いた、徴兵が嫌な者は、兵役につかなくても、ボランティアで済ますことができる」って突然言い出す。もうオイラには、これらの彼の発言は耳にたこができる程だ。僕は実は凄い人脈を持ち、あんた達より優秀なんだと、自分自慢は事欠かない。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

2018年 新年お目出度うございます。皆様のお正月はどのように過ごされましたか?

2018年 皆様 明けましてお目出度うございます。今年も宜しくお願い致します。

理屈っぽいですが、なぜ「お目出度う」なのか。「昨年1年間無事に過ごせて、この新年を迎えることが出来ました」という意味だそうです。もう一説は「あらかじめ祝うことで、実際にいいことが起きる」という願掛けだそうです。

2008年1月29日に始めたこのブログですが、もうすぐ10年目を超えます。総記事数は今日のを入れて1,239件目となります。まさに塵も積もれば山となるですが、あまり過去記事を振り返って見ることより、次の記事は何をテーマにするのかのほうが興味があります。まぁ、同じように、建築設計を始めてから、病院、和風旅館、ホテル、マンション、テナントビル、店舗、デザイン店舗、住宅など累計としては、夥しい数の建築設計・監理をしてきましたが、過去の自分の作品を見てみようという気は沸かないです。自分が生み出したものは、あとは勝手に独り歩きをしてくださいという気持ちです。きっと芸術作品の作者も結構似たような心境だと思います。ジャーナリスト、小説家も同じかも。

このブログは作者(オイラ)が60代(初老?)なので、そのオジイ達の人生模様とオジイ達から見た世界という観点で記事を作り、披露しています。・・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

今年も色々ありました。来年も色々あります。良い年をお迎えください

2017年の世界とも、今日を最後にお別れです。明日より2018年の世界となります。といっても、何かがすぐ変わるわけではありませんが、精神的、観念的に変わりますね。所詮人工的な区切りですから。

カミさんと28日にウチのお墓の掃除とウチの柑橘園からシキビを採ってきて、生花と一緒にお墓に供えました。帰りには菩提寺にお布施を納めました。毎年同じ行事をしているのですが、その年その年を生きている実感があり、記憶が積み重なって行きます。

一昨日に柑橘園の方は、町内会で一緒のサト坊が会社が冬休みになったと、手伝いに来てくれ、取り残し柑橘の収穫と草刈り機で雑木を切り払ってくれました。彼はこの草刈り機の体験は初めてで、オイラが使用方法と注意事項を教え、その通りやったのですが、「こんな面白いものとは知らなかった。こりゃ病みつきになりそうだ」と。彼は体を使うことが大好きで、また農耕も好きで、家庭菜園ができるからと東京から山と海に囲まれたこの地に移住しました。

さて今年一年を振り返りますと・・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

ジージ・バーバの二人だけのクリスマス 90年代の日本のバブルに想う

新婚前と新婚時代は、1970年代で、当時かけなしのカネでクリマス曲のレコードを買い集め、二人でクリスマスのムードに浸ったものでした。やがて4年ごと次々子供が生まれ、このクリスマスは我が家の必修のロマンチックな行事が続きました。

そして孫達発生で、またこの行事は続きました。しかし、孫達も成長すると、友人や友人家族と一緒に過ごすようになり、忙しくなっているようで、カミさんは毎度のように部屋をクリスマスを睨んで飾り付けをしますが、まぁいつの間にか、新婚時代に先祖還りをしたように、ジジ・ババ二人だけのクリスマスとなりそうです。まぁ、もともとキリスト教徒ではありませんから、クリスマスを祝う謂われはないわけで。

しかし、北米、欧州などのキリスト教圏の国民は、クリスマスが好きですねー。これ家族の団結の象徴のような。彼らは独りでクリスマスを迎えることは、あまりにも寂しさを感じるそうです。日本人に例えると、独りだけで正月を過ごす寂しさに似ているのかもしれません。オイラ人生で数度、クリスマスや正月をたった独りで過ごしたことがありました。とにかく人が恋しかった思い出があります。

今日はクリスマス・イブなので・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

テレビの報道系番組、なんとかならないのか。今年、世界規模で寒冷化は進んだ。

まぁ、ここ数週間、テレビの朝、昼の報道系番組は、相撲力士のケンカ問題で、あーだこーだと、どのチャンネルでもやっていて、面白くないので録画番組ばかり観ています。キモは、モンゴル力士会で、「星のやり取り」が行われていて、貴乃花親方の指導のもと、貴ノ岩がそれにガンとして参加しなかったことで、仲間から冷たい目で見られていて、そんな中あの事件が起こったことは、玄人筋はわかっているが、なんとかして、そちらの方に話題が行かないよう、いろいろ取り繕っていることは明白なのだが。

今年は特にテレビメディアが劣化していて、モリカケにしても、延々と一つの話題を必要以上に追いかけていた。数多くの種類の事象を追いかけると、取材費の費用がかさむから、一つを集中的の掘り下げ、それを使いまわしすれば、費用対効果が上がるわけで。

グローバル・クライメット(climate)

今年の日本は、温暖化どころか、寒冷化のようですね。いや世界中で寒冷化現象が起こっています。オイラのスタンスは、世界の気象は温暖化したり寒冷化したりの繰り返しで、その間隔は数十年、数百年のサイクルだ。人為的二酸化炭素や、温暖化ガスの影響で取り返しがつかないくらい温暖化するというIPCCの説は、いわばペテンか詐欺に等しいと思っています。その点はCOP21のパリ協定脱退を宣言のトランプ大統領は正しい。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (2)

2017年12月12日 (火)

江藤 淳が亡くなったのはオイラが51歳の時だった。改めて「妻と私」の本を買って熟読しました。

前記事のように、オイラが青年期の親友が亡くなったりして少し沈鬱な日が続きました。死については、愛猫が死んだことについて記事にしたことがありました。

あまりにも私的な話。・・・・・・愛猫が死んだ。2010年1月11日 (月)

数日前、カミさんの姉と兄が、東京からウチのみかん狩りに来て、海鮮料理屋で遅い昼食をもてなしました。穫ったみかんは、電車で来たので宅急便で発送しました。姉・兄といっても、両者年子なので、さらにオイラとも歳は幾つも変わりません。お互いの伴侶の事、近況の事、昔話しの事、健康の事。それら話の中で、伴侶との別れの話題になって、オイラが「そう云えば、江藤淳の伴侶との別れが記憶に残っている。文藝春秋で掲載され当時有名になった『妻と私』が良かった」と言ったら、義姉が素早く手帳を出し、その題名を書き取っていた。きっと何処かで調達して読むのだろう。

と言っても、オイラはこの「妻と私」を詳細に読んだわけではなかった。ただ当時、彼と奥さんとのツーショットの写真が、全てを表しているかのようで、これからは、カミさんとのツーショット写真はなるたけ、このような笑顔にしなければと自分を戒めた思い出がある。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

11月の下旬に、青年期に大変仲の良かった親友が突然亡くなった。

11月の下旬に、青年期に大変仲の良かった親友が突然亡くなった。オイラ30歳の時、東京からこの地に帰って来て、建築設計事務所を始めたのだが、なにせ父親以外の人脈がない。人の勧めで、(社)熱海青年会議所(JC)に入会した。期間は31歳から40歳までだが。この組織は40歳で卒業が規則だ。

その間様々な友人・知人が出来た。また仕事の為になる人脈も出来、時は建築バブルの時代、多いに助けられた。血気盛んな青年の集まりだ。彼はその中で、親友(ポン友)として付き合った数人の中の一人だった。JC時代彼が理事長の時、オイラが副理事長で彼をサポートした。JC卒業数年後、ロータリークラブに入会したが、ここは年齢制限はない。先輩達の面倒を見るような活動だった。まぁこれらを通して、至福な人生体験を得られたわけだが。

実態的には、この親友とは、JC卒業後それぞれ道が違うことになり、ほとんど交際・交遊がなくなった。いわゆる組織が違ったり、その組織から離れると、交際の世界が変わり、付き合う理由もなくなり、縁遠くなって行くものなのだ。これは誰でも経験することなのだ。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

青島みかんの収穫。森友問題は民進党や左系メディアが誤報・捏造で作った陰謀だ。

昨日2日の土曜日、朝から夕方まで青島みかんの収穫に精を出しました。農耕好きなサト坊と一緒に今期の青島みかんの収穫を開始しました。彼はここから新幹線で豊洲にあるIHI本社に通勤しています。海と山が大好きで、15年前に東京からこちらに土地と家を買い引越してきました。マッチョマン的体力で、重い石などを動かす時は彼によく手伝ってもらいます。

収穫したみかんは、コンテナー(収穫用ケース)に入れ、モノラックに載せ下にある貯蔵倉庫に運びます。2人で1日の収穫で、34コンテナーの成果です。重量にすると500㌔余となります。在庫のコンテナー全部使いました。まだ全収穫の量の35%程度です。

とりあえず、貯蔵庫の箱棚に入れ替えるのですが、その前に”予措”を行います。コンテナーに入れたまま、1週間前後、乾燥した冷たい外気に晒します。するとみかんの皮(果皮)が乾燥して、果皮の呼吸を抑えられます。まぁ、厚い肉を料理する時、最初強火で表面を焼くのと似ています。以下の画像のように1週間前後・・・・・・・

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

ダイダイの収穫期 北朝鮮兵の脱北と亡命事件 いつの間にか消えたその兵士の寄生虫騒ぎ

毎年この時期になると、ダイダイの出荷となります。ウチの柑橘園には7mを超すダイダイの木が2本あり、毎年大量の数のダイダイが成ります。これ地元のJAが引き取るので、収穫に精を出します。まず根本周辺地表にブルーシートを敷き、木の外周に2段梯子を掛けそれを登り、枝ハサミでバンバン切り落とす。次に木の内部に登り、ダイダイを切り落とす。子供の頃遊んだ木登りと同じ。これは一人でゆっくり1日半あれば完了だ。体が老化してきているので、少しプレッシャーが掛かる。まぁ、落ちても頭を保護できるようにバイク用ヘルメットを被ってやります。

JA側の条件は、正月お飾り用で無瑕疵で、枝は5センチ以上且つ葉が一枚以上付いているもの。そしてそうでないものは、生食用と絞ってぽん酢用として引き取る(坊主とも言う)。時間が掛かるのが、この枝切り加工と2種に分ける作業で、最初の切り落としの2~3倍の時間が掛かる。今回は近所の農作業好きのサト坊が最初の危険な切り落としを手伝ってくれたので、これは二人で午前中に完了してしまいました。

彼はこの地から豊洲にあるIHI本社に通っていて、土日しか手伝えない。お礼に昼食と柑橘類を土嚢袋満杯差し上げました。昨日,それら成果物を出荷しました。お飾り用が214㌔、坊主が182㌔(自宅用40㌔は倉庫で保管)の結果でした。ケン坊のところでは、規模が大きく毎年両方で1000㌔前後だと。なんでも今回切り落とし時、脚立から落ちて腰を痛めたらしい。

今テレビの報道番組では、連日モンゴル系力士の飲み会暴力沙汰について延々とやっている。日馬富士と貴ノ岩と貴乃花親方の問題だが・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

民進党ガラガラポン選挙・Google IMEは使いやすい・トランプ歴訪・養子縁組について

衆院選、民進党ガラガラポン選挙が10月22日にあって、まだ1ヶ月経っていないのに、小池が希望の党の代表をやーめたと昨日来た。まぁ、予想通りだ。希望の党には民進党旧社会党的系が数十人。とても小池の力量で抑えられるわけがない。

なんだかんだで、民進党は、タマキン希望の党、枝野立憲民主党、居残り大塚民進党に政党としては形別れ、それに民進党系無所属が加わる。驚いてしまうね。こんなこと最初から企んでやったわけでもなく、成り行きでそうなった。まぁ、いかに稚拙な民進党議員の集合体だったかが、国民の前に曝け出されたわけだ。あとは参院議員の居残り議員になってしまった民進党議員が、これからどのような動きをするのか。知り合いの民進党市議会議員と話をした。オイラ:所属はどうするの?こんどは希望の党?彼:今は様子見ですと。まぁ上からの命令待ちなのだろう。

各国会議員の下には党系列の地方議会議員が山の様にいて、それぞれの政党議員の下請け組織だ。もちろん何らかのお手当は上から降りてくるが、選挙やその他、持ちつ持たれつの関係。その下部組織まで今時点では浸透していない。来年1月1日までには、政党助成金の関係で、それぞれ収まるところへ収まるだろう。「こっちへ来い」「あっちへ行け、しっしっ!」ってやつだね。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

その国の公用語は一つにすることが、国をまとめるのには重要な要素であることを、今回のカタルーニャ独立騒動で再認識した。

日本は中央集権国家で、その肝の一つは公用語は日本標準語(東京圏語)で統一されている。言葉というのは、文化であり、一つの集団を纏め上げる大きなな力がある。歴史的に見れば、江戸時代まで各豪族が集まって各藩を作り、それを幕府は纏め上げた、幕藩体制の施政だった。各藩の力が強くさらに大きくまとまって、幕府に対峙していたら、もしかしたら、北海道+本州+四国州+九州+沖縄州の五つに分かれ、連邦国家となっていた妄想も可能だっただろう。

さらに言語も現在まで残っている方言がもっと進化していて、それぞれ五つの公用語を持ち、勿論日本標準語があるにしても、様々な言語が飛び交っていたかも知れない。最近テレビ番組で知ったのだが、青森県には中央部に奥羽山脈があり、それを境に、二つの藩に分かれていて、それに依って西が津軽地方、東が南部地方に分けられている。方言も津軽弁と南部弁とがあり、かなり違うらしい。津軽弁で喋られると南部地方の人は全然分からないとか。当然その逆もある。

沖縄弁も全然オイラには理解出来なかった。さらに沖縄本島弁と宮古島弁、八重山列島弁もかなり違う。教育、テレビやラジオは日本標準語なので、対外的にはこれを使うが、地元ではこれら方言を使うことがお互い郷土愛になるので、いわば両刀使いのバイリンガルということになる。この辺の感覚は、関東圏が郷土のオイラには感覚的にわからない。・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

民進党ガラガラポン選挙が終わりました。やはり希望の党は絶望の党となりました。

今日は久しぶりに晴天でした。これは明日も続き、その後3日間雨降りが続くとの予報です。台風21号は、22日選挙日の夜に御前崎に上陸し、一気に駆けあがって北に抜けました。超大型と言われていましたが、一部被害はあったにせよ、前宣伝ほどではなかったです。22日の選挙日は、午前に雨風の中を投票所に行き投票をしてきました。もちろん両方自民党に投票です。

入り口の前で、青年が一人出口調査をしていました。腕章にANNとあり、テレビ朝日の社員でしょう。この偏向テレビ局め!と恐い顔をしてたら、オイラには取材に近づかなかったです。次は台風22号が本州に近づいています。

民進党ガラガラポン選挙又は、民進党強制分割選挙が終わり、今はその後始末ですね。これ蜂の巣を突っついた状態になっていまして、民進党代表の前原が悪い、希望の党代表の小池百合子が悪い、とテレビでは突っ突き合い状態で笑ってしまいます。

そもそも、今回の衆院選を睨んで、もうさすがに民進党は、左派と右派に分かれなくては、前に進めない状態になっていたのでしょう。民主党ではだめだから、党名を変えて民進党と昨年2016年3月に変えたのに、心機一転しても内部がダメなのか、とうとう安倍晋三が放った解散総選挙で完璧に分裂させられました。それも自己分裂です。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (3)

2017年10月21日 (土)

今年の日本は寒冷化、台風21号接近。かたや、カリフォルニア州は山火事でおびただしい数の街区が焼却された。

10月に入ってからずっと雨降り、気温低下が続いています。秋雨前線が停滞しているのですが。昨日一旦雨が上がり日も出たのですが、夜には再び雨が降りました。そして台風21号がだんだん日本列島に近付いています。明日22日の衆院選挙投票日には、九州に近付き、23日には列島に上陸するとか。それも伊豆半島から上陸と狙いを定めているかのようです。

超大型台風のようで、東海地方はかなりの被害が予想されます。選挙開票のころは、暴風雨真っ最中が予想されます。現在21日午後3時、小雨状態で風はありません。まるで嵐の前の静けさといった状態です。

昨日は柑橘園にある甘柿を獲りに行ってきました。昨年と一昨年は、2本の甘柿の木があるのですが、すべてハクビシンに食べられてしまい、跡形もありませんでした。ハクビシンは木登りが上手で、甘柿が大好物なのです。部農会の仲間が檻やワナを仕掛けて、駆除してはいるのですが、駆除されなかったのもいるので、9月の末に10個ぐらいまだ赤くなっていない甘柿を獲って袋にりんごと一緒に入れ、強制的に熟させたのですが、実が柔らかくなったとは言え、いまいちの味でした。今季はどうやら部農会の駆除努力のせいか、ハクビシンに食べられていなく、20個ぐらいを残して、全部獲ってきました。甘柿はちょうど良い味に仕上がっていました。カミさん大量の甘柿を前にして大喜びでした。

日本は寒冷化、カリフォルニアは温暖化なのか、あの山火事は米国史上最大だったらしいです。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017年10月14日 (土)

今回の衆院選、「民進党ガラガラポン選挙」が正しい。

昨日金曜からすっと曇りと雨降りが1週間以上続くそうだ。10月は日照時間が通年長く続くのだが。気温も11月並になっているようです。今年は温暖化どころか、寒冷化の年となりそうだ。

衆院選10日の公示日も過ぎ、22日の選挙日まで熱い選挙運動が続いています。希望の党だか、絶望の党だか、支持率がどんどん下がっているとの予想です。いくら間に合わせで出来た党とはいえ、党内組織も小池代表と選挙役職1人で選挙選突入。まったく、ハチャメチャになっています。民進党左系反体制側は、希望の党には入れず、独自に枝野がやはり間に合わせで立憲民主党を立ち上げました。代表代行が長妻昭、幹事長が福山(陳)哲郎です。共産党・社民党と共同戦線を組むと。

まさに、民進党は、衆院では、希望の党・立憲民主党・無所属とで、3つに分解しました。さらに、参院の民進党は、固まって民進党のままで、先々一つに再び集まるんだと、有権者無視の稚拙なことをやっています。岡田代表⇒蓮舫代表⇒前原代表を通して、最早この政治集団は、近親憎悪伴いの三つ巴状態だったということが、恥ずかしげもなく、国民に曝け出されてしまいました。140億円という民主党からの内部留保金、いわゆる相続金争いもこれから水面下で激しくなるでしょう。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年10月 8日 (日)

オイラが代表幹事の「すみえ会」盛大?に開催しました。池田 学と言う画家、これ世界に打って出る、偉大な画家となりえるよ。

6日金曜日は午後3時から、高校時代の担任の先生の名を取ったクラス会(すみえ会)を開催しました。これ2年ごとに開催します。オイラがこれの常任代表幹事をしています。担当実行幹事のエノ坊と事前に開催に至るまでの準備をしてきました。担当実行幹事は回ごとに変わります。やはり皆老いて来て、また環境が変わったり、大病をしたりで、不参加や消息不明も多くなり、今回は参加17名でした。1次会・2次会を済ませ散会は午後8時半。夕方から雨が激しくなり、移動は雨降りの中でした。

古希を迎えたのや、これから古希だという時期の会でした。皆で古希を祝い乾杯をしました。衆院選挙を控えてその真っ只中、話が政治問題に発展すると終始が付かなくなる恐れもあり、エノ坊が各自のスピーチに項目を付け、その方向には行かないようにしました。もっとも、この仲間のほとんどはノンポリ育ちでしたから、危惧する必要はありませんでした。ただ2次会になって、政治関連は話題にしないようにしようねとオイラは念押しをしました。

女性が1人物故者となりました。オイラとは2年間同じクラスでした。前々回の不参加の時のコメントで、前年に旦那さんが逝去し、落ち込んでいる時に検査したらガンの発症が分り、手術をしたそうだ。そして前回の不参加通知のコメントには、「体の調子が良くないので欠席します」と。相手が女性なので、また、そこまで親しくはなかったので、連絡はしませんでした。結局それから1年後昨年9月に逝去されたことを、彼女と仲の良かった女性メンバーから聞きました。ガンが原発から肺、肝臓に転移をしていたそうです。オイラがその内情を話し、皆で哀悼の黙祷をしました。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

日本でのリベラルとはなんぞや。民進党は分裂し、リベラル派はどこに行く

オイラ、リベラルという言葉について、未だに覚えているのは、1992年の米国大統領選挙で、勝利したビル・クリントンの記者会見。彼は色々抱負を語っていたが、「皆さんは、私をリベラルと言うが、決してそのような考えはない」と当時様々な場所で語っていた。彼は民主党であったため、その当時の解釈のリベラルという悪い印象操作をされるのが嫌だったようだ。

改めて調べると、このLiberal という言葉は、非常に曖昧模糊としていて、日本と米国と英国とはちょと違うようです。肯定的に使うこともあり、否定的に使うこともあり。簡単に翻訳すれば「新自由主義}ということらしい。因みに「自由民主党」の英訳は「リベラル・デモクラティック・パーティー」です。ということは、日本では元祖リベラルは自由民主党であり、その党首の安倍晋三こそリベラルということになりますね。

1 政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由を重んじる思想全般の意だが、主に1980年代の米国レーガン政権以降は、保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。自由主義的。「リベラルな思想」 

2 因習などにとらわれないさま。「リベラルな校風」

この1980年代米国では、政治的意味として、この「保守主義の立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。」 ここから左系的な思想ということになるのだろう。現在の米国・英国はどのような使われ方をしているのか解らないが、日本では保守派が左系派を揶揄する場合にも使われているようだ。・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (6)

2017年9月28日 (木)

民進党が解党する方向に決まりました。「雌鶏啼いて、国滅ぶ」がまた始まりそうです。

今日正午に臨時国会の本会議で衆議院が解散、そして10月10日公示、22日投票の運びとなりました。テレビのワイドショー番組、ネットで内情を知るしかないが。まぁ猫の目のように政局が変わります。朝はモーニングショー、昼は”ひるおび”の番組を観たのですが。

昨年2016年7月14日告示、7月31日投票日の都知事選、小池、鳥越、増田がメインで争い、結局小池が圧倒的な差を付けて都知事となりました。オイラとしては、鳥越なんてやからが都知事なる事なぞ許せませんでしたし、増田という事務屋のようなカリスマ性のない人物も相応しくないと思い(オイラ過去15年間東京都民でした)、小池に温情的な記事にしました。当時、石原慎太郎が増田の応援で、彼女の事を「小池は大年増の厚化粧」と揶揄して、それは何でも言い過ぎだと感じました。しかしその後、都議会の百人委員会に元都知事として追及され、仕返しをされましたが。

それから1年、どうやらこの揶揄は多少当たっていたように感じます。今回の政局では彼女はモンスターになってしまったようです。それを反安倍マスメディアが応援する構図が続いています。小池に関しては「雌鶏啼いて国滅ぶ」の展開になりつつあります。・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (2)

2017年9月24日 (日)

ネーブルが割れた。さあ、解散総選挙に突入だ。特に民進党は青天の霹靂か?崩壊に益々近づいた批判命党

ご承知のように、今年8月・9月は多雨が続いた。この熱海でも8月は累計451ミリ、9月は今日までで累計160ミリ。まぁ昨年の9月はもっと多雨(累計451ミリ)だったが。ウチの柑橘園で滅多にない現象が起きていた。ネーブルの成木が4本あるのだが、この時点で成長期の果実の割れが多く発生していた。もちろん割れた果実はすぐ撤果するのだが、数日後行くとまた割れ果実を発見と切りがない。

Cimg0054_r Cimg0055_r

割れの多い木では約3割前後とものすごい数だ。このようなことは過去なかった。原因は8月成長期の実が、多雨の為、水分の吸い上げが実の方に集中して肥大化し、表皮の成長が追い付かず、割れてしまう現象が起こる。これを防ぐには、木の根元地盤周囲をシート等で被い、雨水を防ぐのが良いらしい。まぁ、8月に、こんなに多雨が続くとは、7月の天気予報にはなく、むしろ日照りの灌水の方に気がいっていた。

さて本題

まぁ今年は政局がらみの問題が多く発生し、それらの総括というのか、安倍首相は突然総選挙の態勢に入りつつある。・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

人間も動物の一族。母親の子供を守る姿には何回でも感動をしてしまう。山尾志桜里よお前この番組を観たことがあるのか?

普段の日曜日の夕食時は、NHKの「ダーウィンが来た」を観ている。この番組は2006年4月からの長寿番組だ。これが終わると大河ドラマだが、これはカミさんに任せ、寝室のベッドで伸び伸びしながら録画番組を観ながら眠くなるのを待つ。

NHKの大河ドラマは大昔は毎回みていたが、演出に誇張があったり、捏造があったり、また毎週で長期連載なので、観ることを強要されているような、とにかく疲れるのです。また日本の歴史を一部の演出で歪められてしまうような気がして、観るのをやめました。カミさんは楽しんでいるようですが。

この「ダーウィンが来た」は、録画予約もしてありますが、食事をしながらライブで観ることが多いです。大筋は特定の動物を対象に絞って、その習性と子育てがテーマです。子育てについては、人間も動物の一種なので、共通することが多く、心を打たれるシーンが多いです。昨夜は娘とその子小3の孫が食事に来て、その孫と一緒に9月3日放送の「巨大ヒグマ密集地帯!新米ママの挑戦」の録画を観ました。まぁ孫と一緒に観ようと、録画を削除しないでいたのです。・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

8月は多雨の冷夏だった。民進党の肉食ジャンヌダルク山尾志桜里若いツバメとダブル不倫が発覚とか。

今年の8月の気象庁の予想は、こんな多雨で低温続きの気候ではなかった。それこそ気候変動枠組合意、パリ協定は正しいと自虐的に人為的気候変動を煽るはずだったのが、現実は世界中で50年ぶりの超大雨だのどちらかと言えば、温暖化とは言えない気候続きでした。さて9月に入ってどうなるか。昨年9月はこの熱海では秋雨前線の影響で雨が異常に多く、オイラの雨量計では累計で451ミリの雨が降りました。例えれば、1㎡に451L(浴槽2杯)分の雨が降ったことになります。そして10月10日まで雨降りが続きました。その結果、柑橘園の成木の下には異常に苔が発生しました。毎日ジメジメしていたのでしょう。

9月1日にあの民進党の代表選挙があり、結果前原が代表となり、早速前原は役員人事に当たり、幹事長に山尾志桜里(43歳)がよさそうだと。それを聞きつけた記者達は山尾のコメントを取ろうと山尾を追っかけました。ところがやっと見つけたら、ちょうど噂だった男とチョメチョメホテルに入って行ったと。5時間後にスッキリ出てきたと。その男の正体も割れている。それを文春砲が記事にして今週発売だと。ゲラ刷りを手にした民進党幹部連と前原、幹事長は大島に変更、さらに山尾の代表代行の話も無くなったと。文春は木曜(明日)販売らしいので、以後話がネットでも盛り上がりますね。民進党は昨年9月蓮舫が代表になって以来・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年8月30日 (水)

今年の8月は久しぶりに忙しかった。娘孝行です。あなたのところにもスパムメールが来ていませんか?

8月に入ってから、このブログの更新が滞っていました。NZのダニーデンにお住まいの”でんこ”さんから、ご心配のメールが来たりしたのですが、至って元気です。前記事のごとく、熱海駅の近くにある次女の嫁ぎ先の屋敷の改修工事に専念していて、疲れ果て、とてもブログを更新する余裕がなかったのです。新築から35年の屋敷ですが、先代が今の家族構成を考えないで造ったので、様々要望が出てその度にオイラの出番なのです。もちろんカネはしっかり取りますが。今回は6帖半ぐらいの広さの空間が物入れ+洋服室+ウォーキングクロゼット室に分かれていたのを、一つの空間にして、続きの子供室に繋げ改修するというものです。昨日でほとんどの改修と修理工事が終わり、あとは照明器具を取り付けるだけになりました。

25日間かけてオイラ1人で工事をしました。改修工事に当たっての調査⇒内装下地の解体工事⇒床フローリング張り工事⇒電気配線とコンセントボックス取り付け⇒腰壁PB張り工事⇒見切り縁、巾木などモールディング取り付け工事⇒腰壁PBのドライウォール工法施工⇒塗装用養生施工⇒既存クロス張りも含めて専用塗料でローラー塗り2回塗装⇒養生剥がしと清掃⇒既存建具の調整修理⇒他室の修理工事⇒昨日。

もともとオイラは建築設計と監理がメインでしたが、・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

体じゅう筋肉痛です。これからテレビで蓮舫のツラを見なくて済むようになりました。ハッピーです。

次女の息子2人が大きくなって来て、現在の子供部屋が手狭になり、隣部屋にあった6畳半クロゼットルームを改装して新しく子供部屋にしたいと4月ごろから依頼があったのだが、こちらも雑用が多く調査だけしてほっといた。古くからのタンスが4竿あり、最早要らないものばかり。さらにロフト部屋も子供部屋と繋がっているのだが、そこも要らないものばかり。これでは改修工事も出来ない。最近になって尻に火が付いたのかのように、いつになったらやってくれるのよと。それにはまず部屋の中を空にしなければならないと。人を雇ってもよいが、それほどの事ではない。旦那の休みの日に二人でやろうと。それまで必要なものと不要なものとを区別しておけと。事前に熱海市のエコ・プラント(清掃工場)の引き取り明細を調べて、次女にそれをメールした。もちろん粗大ゴミの引き取り価格の明細もある。PCなどのリサイクル商品以外は、ほとんど可能だ。また熱海市のごみ袋(黄色)に入れれば無料だ。

2日前にその義理の息子(旦那)とタンスなど家具類やらその他を軽トラに満杯に詰み込み、山の中腹にある工場で処分。これを3回繰り返した。そのお陰か、次の日から体中痛く、その前には柑橘苗木の灌水で腰を少し傷めていたせいもあり、昨日は、家にいても動くのに億劫なほどでした。息子はすぐそのあと、マッサージ店を予約していて、オイラほどではなかったと思うが。オイラは残っていた湿布を貼ったり、塗り薬を塗ったり、昔使った腰ガードを巻いたりでなんとか過ごしています。改修は現在のドアーを変えたり、新しいドアーを設けたり、床を張り替えたりなどの仕事がこれから先オイラを待っています。

さて本題です。

昨夜の録画してあった報道ステーション、27日午後の蓮舫の民進党代表辞任記者会見についてどのように報道すのか楽しみにしていたのだが、これがその日必要なニュースでもないような報道ばかりで、この件について詳細は報道はなし・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

-地表は常に動いている。気候も常に変化している。人為的気候変動説は未だ信用出来ない

オイラの地域は7月4日の夜中に大雨が降って以来、一切雨降りがありませんでした。連日真夏日で、2か所ある柑橘園の約60本ある苗木と幼木が、水が欲しいよと妄想で聞こえてきました。そこで13日と14日に重い腰を上げて、灌水(水遣り)をしました。毎回ですが、午前中は事務所でCAD設計やネット閲覧、昼食後一休みで2時半ぐらいから行動開始です。軽トラに300L入りのタンクに水満杯、これを現場に運びエンジンポンプで灌水をします。

Cimg0017_r Dscn8168_r

1か所で300L×2で600L、2か所ですから1,200Lを要しました。苗木1本当たり約20Lってところです。ホースに繋がった噴霧棒を地中に突き刺し、地中にしっかり水を流し込みました。このまま10日以上雨なし晴天が続くと、再度灌水ということになります。結局・・・・・・・・・

» 続きを読む

| | コメント (0)

«森友・加計問題はとんだ茶番劇で終了です。問われるのは劣化した反体制メディア群と劣化した野党群だ。